Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

犬命は長いようで短い

投稿日:

昨日、11月20日はペットの誕生日。今から7年前とある山奥で一頭の柴犬が生まれてから1年後、我が家にペットとしてやってきた。

名は、風のあさみ号。家族からは何の相談もなく、すでに名前まで検討されていた。

三重県の加賀の里モクモクファームにいたミニブタの名前から…

「あずき」と名付けられてしまった。

人間の年齢にすると

14+4+4+4+4+4+4=38歳

2年後には同じ歳になる。

当時、仕事で過労になり、精神的にも肉体的にも追い詰められ参っていた。

そんな時に小さなヒーローが僕を癒し励ましてくれた。冷めきった核家族、機能不全家族のなかで、この犬が救いの光になっている。

故郷を想う柴犬のあずき

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

じいさんとじいさんの白熱したバトルに終止符がうたれる?

アメリカ大統領選の真っ最中。74歳と77歳のじいさんの闘いにけりがつきそうだ。 僕としては、どちらが勝っても世界で混乱が起こるし、ブロックチェーンによって新しいシステムが生み出されると思う。 写真は静 …

自粛で味わう新世界

わるい風邪の影響で、自粛を余儀なくされている。母との約束もキャンセルした。 こんなときでも、インターネットを見れば沢山の娯楽や情報に触れる事ができる。 その情報を、「行動」に移してしまうと行動すること …

幸せとは何かを為す事ではなく静けさのなかで満たされること

あれが足りない。これも足りない。あれが欲しい。このままではダメだ。 なんとかしないと…数年前の僕はそんな考えに取り憑かれていました。 幸せって何だろう? 仲間とともに何かを経験して達成感を味わうこと、 …

神との対話

実家から解放され、いつもの場所でフリースタイルフットボールに挑戦。 自分との対話。これすなわち神との対話。究極まで自分を追いこむ。 競争も損得もない。ただあるのは魂だけ。魂を込めて己を磨く。石塊の挑戦 …

名作をこの世に遺して。

先日、長野県の奈良井宿へ家族で行った時に父親が購入した切り絵が実家の玄関に飾ってあります。 夕陽に照らされ、どこか味わい深くも懐かしさを感じられるこの作品、 実は切り絵のコピーです。 奈良井宿の藤屋と …