Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚きと癒しの世界

未分類

猫から学ぶ自己肯定感。

投稿日:

最近は素材しだいでスマホで色味の良い写真が撮れてしまう。

今は加工アプリという素晴らしい技術のおかげで誰でもある程度、映える写真に仕上げることができる。

加工する心理的として

格好つけようとしたり

自分を大きくみせようとする

承認欲求が働くことがある。

加工したものが伝わって虚しくない?と聞かれたことがある。

本当の想いじゃないものが共感を得られて満たされるのか?

答えは、YES!

むしろ加工した作品こそ本当に伝えたい想いなのだ。

だが、自慢したい病にだけはならぬよう心がけていたい。

そう思ったのは、書店で強烈なコピーと表紙の本を見つけたから。

それが、「幸せになりたければねこと暮らしなさい」

猫に関心がない自分が表紙の猫の可愛さとコピーにひかれ

思わず手にとり立ち読みしたら

まさに猫啓発な本だった!

人は自分を大きくみせようとするほど自信を失ってしまう。

ありのままでいても大丈夫だと猫は教えてくれる(著書より引用)

猫はわりと奥が深いのか、猫検定受けてみようかな…

て、本当にねこ検定があった!

猫ビジネス?

僕は猫と仲良くなりたい!

仕事にできそうな資格

ただし猫好きに限る❣️

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

灼熱の一日。暑さに負けるな。

イライラしたり。汗かいたり。とても平常心ではいられない一日でした。 今年の夏はどこまで暑くなるのでしょう?先が思いやられます(汗) 暑さに負ける事なく、抑うつで眠れない時は深く呼吸をして、自分がやれる …

久しぶりの眠気と柴犬

実家に帰ると母が相変わら父に対してストレスをためている。 ゆういつの癒しは犬との触れあい。さっき久しぶりの眠気を感じた。 犬も安心して眠っている。

映画の名言。

という本がすごくおすすめです。映画のセリフには心を動かす名言が数多くあります。 特に好きなのがファイト・クラブの名言です。 「俺たちは歴史の真ん中っ子だ。 目的も居場所もなく生きている。 世界大戦も大 …

労働をやめて、地球の未来を考えよう。

なぜ、我々は労働をするのか?なぜ、我々は労働から逃れる事ができないのか? 例え労働から離れられたとしても孤独だと哀れみや虚しさや孤立感に苛まれる。 四六時中働いて、時間に追われ、充実感。充足感。貢献感 …

彼岸花の憂鬱

実家DAY。母はかゆみでイライラしながら病院へ…無関心な父は庭の管理で行ったり来たり。 なんだこの憂鬱な現実を感じながら父の為に昼飯を買いに行く途中、彼岸花が咲いていた。 リコリスという品種らしい…な …