Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

環境について考える

投稿日:

2年前から環境問題について真剣に考えるようになった。地球の資源や生態系について、自分が取り組めることを実践、実行するなかでたどり着いた結論がある。

海周辺のゴミ拾をする自分の姿を撮り、それを発信し始めたとき、次第に「おれはなぜ…?こんなやりたくもないことを無償でしているのだろう…」と考えるようになった。

そんな自分を客観的に見つめたとき、日本人は環境に良い事=我慢=美徳だと思っている事に氣づいた。コロナ対策でも、みんな我慢して努力して蔓延防止のために頑張ったという。

刷り込まれたという考えもあるが、それが国民性的に好きな部分であるのかも知れないとも思える。”本当はやりたくない”ことを一生懸命やることが、良い事することだという…おかしな方向へ行ってしまってる。

世間体や上から認められるために嫌々やるのではなくて、地球を救ってるんだ!っていう使命感を持って喜んでやってる人だけが儲かる仕組みがあればいいんじゃないかなって思う。

大企業で定年まで頑張れば報われるっていう昭和、平成の古いオールドエコノミー的な思想は流行らないんじゃないだろうか…

もっと自然に、そっちのほうが楽しくて効率がいいからやっていこうというような問題の捉えかたとか話しかたをしていかなくちゃいけない、それこそ、ニューエコノミーなんじなないかって思うよね。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

初夏の優しい風

初夏の風を感じながら柴散歩。 いつもと違う茶畑を散歩。 たまには違うルートをとおるのも良いもの。 夏になると散歩の時間も短くなるから今のうちに柴散歩を楽しんでおこう。

柴トル

見つめあう柴と柴。 何しに氣やがった! コラ!と言わんばかりの柴。 一瞬、見つめあうも… スルー(笑) なんて柴だ!

ねったいやもういや

今夜は熱帯夜。扇風機の風量をMAXにしても、クーラーの温度をMAXに下げても涼しくならない。15年もメンテナンスしていないクーラーだから仕方ないにしても高温多湿すぎる。もう嫌ってなるよね。

愛の種類。

日本語でよく使われる言葉に、愛という字がある。僕はこの愛という響きが胡散臭くて好きになれない。なぜだろう? そもそも愛とは?愛の意味は何だろう? 愛とは:対象をかけがえのないものと認め、それに惹きつけ …

うなぎをいただきました

今日はうなぎを食べに愛知県一色町の「うなぎ処いっしき」へ行ってきました。 美味しかったです。 デザートもすごく美味しかった。 穴場だと思います。 近くに魚広場があります。 魚には興味がないのでキャラメ …