Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

生かされる意味

投稿日:

今日は神という際どいキーワードでブログを書き記したいと思います。

神というものを定義づけるとき、必ず人の価値観が介入してきます。

僕は今でも神という言葉に違和感を植えつけられているので

ここでは神ではなく、天と表現していきます。

まず結論から言うと、

天は絶対的なものであり、人の意思でもあると思います。

自分は天の一部であり、創造者であるという、そうでありたい自我を持っています。

天は「宇宙の存在」という点で自分の中に存在していました。

でも、「新たな点」が自分の中で発見されたのです。それは…

宇宙自体がひとつの地球であり、大地は宇宙という天の一部ではないのかと

本当の天は「隠された点」であるのかも知れません。

人は弱い生きものだから天という神が必要なのだと思います。

いや、もしかすると、弱いと思わされているだけかも知れません。

この世界には、一神教や多神教、たくさんの宗教が存在します。

一神教vs多神教

この考えが人を混乱させ、人に違いを生ませるのかも知れません。

それを弱さというのならそうなのかも知れません。

人には信じたいものがあり、所有欲があり、それが宇宙へ置き換えられます。

今、起きている災害や、目に見えぬ脅威、格差などの争いは

天からの罰として意図的に与えられているのではないかと思えてしまいます。

だけど、皆が天の魂であり、意思であるとしたら、なぜ人間は創造されたのか?

テレビは悪とか、学校は悪とか、社会は悪とか病気は悪とか…

支配者と奴隷

この構図は天から人に与えられたチャレンジなのだとしたら?

支配者も奴隷もない、別の次元が存在しても良いのではと思えてきます。

その次元へ行く過程に僕ら人類が置かれているのだとしたら…?

こうして生かされている事には意味があるのだと感じます。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

死生観について

最近、人の生死について深く考えさせられる事があります。古くから人が亡くなると近隣住民総出で故人を弔ってきました。 寺院に支援をおこなうため定期的にお坊さんにお金を払って死んだ人に戒名をつけてもらう檀家 …

真実探求欲

真実とは學ぶものではなく、己で探求するものだ。己が動き、振動して生まれる波動が何かと繋がる瞬間に、覚醒体験は起きると信じてる。

成功するまで何度も何度も立ち上がれば良い。

今日は暑い中、河川敷で神技動画の撮影していのですが、トラブル発生。 なんと!暑さでゴープロ7の電源切れていて、成功のシーンだけ撮れていなかった… そしてこの時期になると身体が肥るので、中年太りの自分の …

ずいぶん蒸しますね

梅雨が長引いています。高温多湿で気圧の変化もあって体調不良が続いています。 どんより重たい雲の中、今日もひと蹴りしてきました。 汗をかくと少しばかり吐き気もおさまるような気がしています。 梅雨が明けた …

人生はおもしろい。

人は誰しも問題を抱えている。それを共有する事で救われたり励まされたりすることがある。誰かを励ますだけじゃなく、自分自身を解放してやるとそれが結果、誰かと繋がり何かプラスに作用する事につながる。 人生は …