Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

メンタルヘルス

石塊の魂

投稿日:2019年5月7日 更新日:

現在、43歳、失業者でもなく、生活困難者でもない、長期休業者の僕は、会社勤めの多忙な生活から逃げ出し、180度ガラリと変わった日常を過ごしている。

それまであった交友関係を断ち、携帯電話もならない、会社で時間に追われることもなく、人間関係による重圧もしがらみもない。

まるで定年退職した人が急に時間を持て余し、孤独から抜け殻のようになってしまったような状態、、

社会から見放され、孤独死するというのはこういうことか、、などと平日の昼間にベランダから外の景色をぼんやり眺めていると、

いつも見慣れた景色でも休日と平日とでは見えるものが違うのを感じた、平日の昼間、世間は当たり前のように活動している、作業着姿の人をみては、

社会と接点のない自分にはどこか取り残された感じがあった、世の中から求められていない疎外感、孤立感、これほど辛いことはない。

しかし、この辛い経験を糧にしようと考えるようになった、職場で戦力外通告を受け、「死ね」と言われた過去をも糧として、、

裸で外へ放り出され、ふんどし一枚の自分に何ができるのだろう、、そういうことを考えるキッカケを与えられていることに少しずつ気づき始めたのだ。

40代の今、そういう機会を持てたのはラッキーだったのかもしれない、その中で得られたものは、

  1. 自分を客観視できたこと
  2. 人との繋がりを意識できたこと(1つの繋がりに執着しない)
  3. なんのために働くのか、ではなく、なんのために生きるのか、と考えられたこと

この考え方を持つことで、どんな絶望的な状態であっても原点に立ち返ることができるようになった。

どんな状況であろうと、「自分には何ができるのか」心打ちひしがれようとこの問いだけは意識してほしい。

たとえば地球に住めなくなり、別の惑星を訪れたとき、

あなたなら新しい土地(惑星)で生きていくために何から始めるだろう?地球(組織)に安住することなく、自立し自由な個人として自分自身の人生を開拓し歩くには、、、そんな自分を見つめ直し、考えることが出発点になる。

-メンタルヘルス
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「したくない」ことを「したい」ことへ活かす考え方

義務ってなに?我慢や忍耐を学んだ先にあるものとは… 本当の人生を生きたい。自分の命は、自分で運びたい。 今の社会は昔と比べるとはるかに安全だけど、本当に生きやすいでしょうか?常に他人の目や評価を気にし …

no image

◯◯の日を無理しない。

○◯の日を考える 5月5日今日は子供の日、来週の日曜日は母の日らしい、5月は何かとイベントが多い、意識しなければいいのだけど、、 〇〇の日だからこれをしなきゃとか、みんなと同じ決まったことをしなければ …

うつ病を回復させる方法

心のエネルギーは寝てても回復しない うつ病になると家でゆっくり休養するのが大事だと言われてます、まずはベッドで寝て、外へ出ず休息するように言われます。 確かに初期のうつ期では必要な治療法ではあります、 …

映画、ジョーカーを観て学んだこと。

狂った社会は、俺を「普通の人間になれ」と矯正する 孤独だが、心優しきアーサーが、なぜ、悪のカリスマに変貌したのか?なぜ、悪にならなければならなかったのか?この映画は1人の男がどん底から抜け出そうと葛藤 …

no image

核家族とは

家族との関係性 独身者が増加する日本社会でいまどきの家族の在り方、家族のカタチ、家族との関わりかた、について考えてみます。 核家族とは何か 近年、核家族化が進んでいます、核家族とは・・・・ 夫婦と未婚 …