Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

社会vs個という闘い

投稿日:

日本では20歳になると成人として心身が十分に成長した大人として扱われます。

成人年齢になると単独で法律行為が行えるようになり、個人としての責任がつきます。

日本の文化には「成人式」という儀式が古くから受け継がれています。

女性は振り袖、男性は背広を着て市民会館や公民館で市から祝ってもらえます。

成人式のルーツは戦後間もない頃「青年祭」として埼玉県で開催されました。

日本の敗戦によって意気消沈した若者を励ます会として始まりました

その「青年祭」が「成年式」となり、全国に広まって現代の成人式となりました

僕が成人するとき、成人する瞬間は一生に一度だから成人式に参加しないと一人前の社会人になれないという気持ちがありました。

そして成人式では偉い大人からこんな言葉を伝えられます。

新成人のみなさん、おめでとうございます。これからは、大人の自覚をもって夢に向かってがんばってください」

これから社会人として何か闘いでも始まるのか?と、身が締まる思いと共に、ちょっと気が重くなりましたね( ̄◇ ̄;)

こんな形式的な儀式の中で、社会人として、人間としての感動は湧いてきません。

大人である私たちは社会の一員として責任を持ち、良き消費者、良き納税者として社会に貢献し、皆んなで日本を支え合おう。

そんな教えが古くから受け継がれています。

この社会生活からジワジワとはずれて行くと、どんな生活があるのか?

孤独、苛立ち、不満、怒り、惨めさ、哀しみ、自堕落、

少なくとも、このような感情に支配され、自己肯定感は低くなってしまいます。

でも、今は昔と違い、生き方が自分で選ぶことができます。

ただ、そのような広い視野と知識がある大人が少ないだけで、

日本はどんどん良くなっています。もはや社会vs個人という闘いをしなくても良い。

自分らしく、社会と関わりを持って行けばいいのです。

嫌な事は嫌と言い、感謝する時はありがとうと言う。それだけで良いのです。

夢大人としての自覚を持たなくても良いです。人間としての自覚を持ちましょう。

感動すること、愛すること、喜びを求めて生きること、それが全てです。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

暑さの中で小さな決意。

そろそろ2020年8月も終わりだが、9月になっても10月になっても暑いのだろう… 今日もひたすらフリースタイルフットボールの練習に取り組んでいた。 全然うまくならないけど、ボールを丁寧に蹴り上げる事を …

平和の前ぶれ。

あるウイルスがリリースされ世界を騒がせているなかで、金融市場では金融崩壊の嵐を予感させる動きがあります。 紙幣によって複雑化されていたお金の動きが変わるというのです。お金について考える機会があったので …

大量のペットボトルを楽しく回収しました。

曇り空のなか、GoPro Maxをつけたピックアップスケートで海沿いに落ちている大量のペットボトルをひたすら回収していました。 蒸し暑すぎるなか、できる限り楽しく拾うことができました。 達成感はありま …

no image

にぎやかな1日

久しぶりに甥っ子と姪っ子が実家に泊まりにきた、夜中のゲーム大会。楽しい!

与えるということ。