Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

秋の京都、南禅寺から永観堂ハプニングあり。

投稿日:2019年11月27日 更新日:

秋の京都へ行って来ました。母を連れて、南禅寺から永観堂のプランを組みました。

南禅寺ははじめて訪れました。思わず素晴らしい!と、心の底から声がでてしまいました。

紅葉以外にも見所がたくさんありました。

紅葉の絨毯も見事でした。

可愛いたぬきがいました。

こんな家族を持つのが理想です。

そして3年ぶりの永観堂へ

ここは本当に素晴らしい。

あまりにも綺麗なので写真を撮りまくってしまいました。

綺麗ですね。

曇っていたので紅葉のコントラストがしっかりと浮かび上がっていました。

どれも絵になります。

色とりどり。

夜のライトアップも綺麗でしょう。

紅葉鏡。

母は僕にはなんでも言いやすいようで、母のネガティブ発言が精神的に応えました。少し揉めた後、外の茶屋でお団子とお茶をいただきました🍵大変美味しかったです。

紅葉とわたし。その後、母のお腹が空いていたので早めの昼食。永観堂前の喫茶店、”はく”でオムライスをいただきました。美味しすぎて大興奮!!!永観堂で感動した後のオムライスにまさか感動するなんて…また食べたいです!!!なぜ京都まできてオムライスだったのか?今になってはわかりません(笑)

その後、安楽寺の中にある隠れ家的カフェへ

ほうじ茶ラテが奇跡の美味さでした!!!お店の雰囲気も良く癒されました。

母は朝からコーヒーを何杯も飲んでいたので少し心配でした。

そして帰り際、哲学の道で事件が。

突然、母の足がつってしまい。もの凄く痛がっていました。ちょうど腰を下ろせる場所があったのでそこでしばらく母の悶絶する様子をみながら「治ってくれ」と心から祈っていました。

介抱しながら救急車を呼ぼうかと思いましたが、痛みが和らいだようなのでなんとか南禅寺の駐車場までたどり着きましたが‥心身ともに疲れました。

ひとまず南禅寺天授庵で休憩しながら何枚か写真を撮りましたが、母の足が心配でした。

案の定、また母の足がつり、具合が悪くなりました。

私もかなりネガティブになってしまい。母も私に気を使わせてわるそうにしており、帰り道はかなりイライラしてしまいました。

それでもなんとか無事に帰宅できて良かったです。

僕と母、ネガティヴな言葉を吐きながらの旅でしたが、振り返れば感謝!感謝の1日です。

まだ少し、疲れをひきづりながらブログを書いています。

また落ち着いたらここで撮った写真を載せようと思います。

-
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

形原あじさいの里

雨の中、形原あじさいの里へ行きました。 写真がとても綺麗なので紹介します。 雨に濡れたあじさいは綺麗さが増すので接写がおすすめです。 私はこの雨の感じが好きです。 この濡れ具合、セクシーすぎる(エロス …

岐阜の山奥に秘境すぎる場所がある。その名は白水の滝

秋に一度行って見たかった岐阜の秘境、白水の滝(しらみずのたき)へ早朝から3時間かけて向かいました。 かなり山深い場所ですが、道はしっかりと舗装されていたのでハンドル操作を慎重に徐行して行けば大丈夫でし …

小原四季桜(おばらしきざくら)本物の楽園を散策。

この時期、愛知県豊田市小原町にある「川見四季桜の里」は桃源郷に変わる。 紅と桃が混ざり合う。 蝶が儚さを連れてくる。 光と闇の共演。 混ざり合う、美。 色彩、極まる。 赤、緑、黄、桃、色々。 変幻自在 …

あなただけの秋を感じる旅の準備をはじめましょう。

10月も真ん中に差し掛かっていますが、まだ扇風機を手放せません。紅葉の綺麗な秋が待ちどおしく思います。今日は京都の嵐山にある常寂光寺の紅葉を紹介します。 嵐山の竹林から少し歩いたエリアにあるお寺、じょ …

no image

新時代の幕開け

昨日、ついに元号が平成から令和へ変わりました! 思い返すと…昭和に生を受け平成まで、私の人生は苦行のような日々で冴えない半生でした、そんな私の人生体験で得た気づきや発見が誰かの力になる時がくることを願 …