Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

秘密基地

投稿日:

僕が小学生の頃、よく友だちと秘密基地をつくって遊んでいた。

土手の斜面、竹やぶの中、見るもの全てが未知の世界で楽しかった。

子供の頃に体験したことは多くの学びを与えてくれた。

当時、「僕らの七日観戦」という映画があって、かなりの衝撃を受けた。

TMネットワークのSEVEN DAYS WARという曲を聞いて何度も泣いた。

今はどこの土地も管理されていて、秘密基地なんて作ったら問題になってしまう。

バカな大人に管理された子どもは、塾や学校で縛られ毎日否定されている。

「おまえ、いや、でも、だから、私はあなたの将来の事を思って言っている、私の言うとおりにしないと苦労するぞ」

そんな暴言を言う大人ばかりだ、なぜなら大人はお金に縛られているからだ。

人は安定、安心を求める動物。生存本能が働くと安心を得るためコントロールされる。

普通の親は子供を育てるためにお金が必要だし、お金を得るためには学校へ行かせて

将来は正社員として就職させる道がベストだと教えられているからだ。

学校では本当に必要な税金の事や嘘のつきかたは教えてくれない。

そして親はテレビやネットニュースの見過ぎで思考が停止している。

それには理由がある。

なぜメディアはわざわざ衝撃的な事件を取りあげるのか?なぜ人はそのような残酷性のある事件や事故に反応するのか?

人は苦痛からの解放を求めているから。

恐怖も快となるのだ。

ホラー映画やジェットコースターのようなスリルを味わいたい。

刺激的で残酷性が強いニュースほど人から注目され、それが収入となるから。

そろそろみんなそれに嫌気がさしていて、情報をみずから選ぶようになった。

秘密基地からずいぶん逸れてしまったが、人は秘密にしたいことがあってもいい。

特に子供時代は子供でしか味わえない発想や世界観がある。

創造は無限だ。

秘密を持っては行けない!と子供に教えるのではなく、子供が秘密の場所を持ちたがる気持ちを大切にできる大人でありたい。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

無意識を感じる事。

雨の週末。実家に囚われている僕は、聞きたくない両親の不満を聞き、機嫌を伺う。負を無意識に感じとってしまう僕の意識はノイズだらけで、本当の声が聞こえない。 最近、潜在意識と無意識は違うという事を知った。 …

いぬさんぽ

人を避け、近所へきぬさんぽ。 桜が綺麗なお寺。 桜と柴犬。 ダブルタッチからの スタンディングダブルタッチ。 明日、4月5日(日)日本時間11時45分 世界を光で満たすための瞑想やります。 世界はもっ …

ふんわりさくらじかん

岐阜県揖斐郡池田町にある霞間ヶ渓(かまがたに)の桜を見てきました。 桜は見頃を迎え素晴らしい景色を見る事ができました。 桜と滝、ベストマッチでした。 人と桜、どこか妖艶。 満開。

自然食ブーム到来

今日は実家へ帰り、両親と自然食レストランへ行ってきました。 場所は、愛知県知多郡東浦町にある「食堂&cafeひとつむぎ」 僕がいただいたのは 青大豆入りトマトカレーセット トマトの風味が効いて …

点を線にして面で見る。

今まで色んな経験をしてきましたが、なぜか苦しいや辛い出来事は記憶に残ります。 良い経験もあったのでしょうけど、それらはあまり思いだせません。 だけど過去の苦しいや辛いは今を生きるために必要な点であると …