Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

健康 環境

綺麗な海を守りたい

投稿日:2019年5月30日 更新日:

今日は愛知県田原市西の浜でSDG s活動

ここは渥美半島のほぼ先端にあり、砂浜がとても綺麗な場所でした、釣り人に人気の場所のようです。 僕は昼すぎくらいに清掃活動を開始しました。

綺麗な海が広がっていました。

数時間前まで倦怠感がひどく体調が優れなかったですが、海を見た瞬間、来て良かったなと思いました。

しかし浜辺には大量のゴミ、ゴミ、ゴミ。

炊飯器やら

タイヤなど、

ありえないものが流れ着いていました。

できる最大限の力を振り絞って漂着ゴミの撤去作業に集中しました。

とにかく臭い!ペットボトルの中の腐った水とか、缶の中の泥水とか、、

ボールが落ちてたり、

蹴ってみたり(笑)

看板があったり、

綺麗ではありませんでした、全部は清掃できませんでしたが、一部、綺麗にできたと思います。

漂着ゴミを出さないためには、ひとりひとひの意識が変わることが大事だと思います、そして、みんなのチカラが必要です。

この海の現状を目の当たりにたとき、もしかしたら本当に海の生態系が死滅するのではないかとさえ思いました。

新鮮な魚を食べたい、海に住む生き物を守りたい、でもゴミは減らない。人間であることに憤りを感じながらこの場を後にしました。

僕のこの行動は今の地球にとって意味のある大きな貢献だと思います。

そしてこの達成感を誰かと分かちあい、活動をつづけていける仲間と出会いたいです。

綺麗な状態を持続可能にするまで、インターネットの力を借りながら、この活動がヒントになり、経済活動に繋がればと思います。

-健康, 環境
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

海洋ゴミの行方〜物質世界はやがて自然と一体化する地球の未来

こんにちわ、いしくれです。先日、海洋ごみの行方について、有益な情報を得たので記録としてブログに残しておこうと思います。 持続可能な未来の取り組みは実現される 普段、何気なく使っているペットボトルやビニ …

あるひとりの環境活動家の声から人間活動について考える。

先ほど国連でスウェーデンの16歳の女の子、グレタ・トゥーンベリーさんが地球温暖化について怒りのスピーチをしたことが話題になっています。 グレタさんの主張は勇気ある行動であると賞賛される一方で、批判的な …

ワクワクしながら自己成長

将来の事を考えて、鬱ぎ込む時間が多くなってきたなと感じたら、 時間を忘れ何か没頭できることはないか探してみましょう。 僕はむかし友だちとボーリングをして楽しんだ時期がありました、 またやってみたいと思 …

no image

ゴミを捨てるリスク

ゴミを捨てるのにも経費(お金)がかかる 今日は2日分の漂着ゴミをクリーンセンターへ持って行き撤去作業をしました、市の職員さん、作業員の方々の対応も良く、無事にゴミを撤去できました、しかしです、ゴミを捨 …

no image

人と地球の付き合いかたIPBESとは

いま、日本だけでなく、多くの国でインフラが整備され、肉や魚など欲しいものを手軽に買えるサービスを受けられます。そしてクルマや飛行機に乗って好きな場所へ移動することもできます。 便利があたりまえのように …