Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

老いることは、ありのままを生きること。

投稿日:

若いときは不安や恐怖に突き動かされて負のエネルギーで働いていた。それは糧になるけど、プラスになることはなかった。

安定、安全、安心を得るためにパートナーを求めたけど、求めれば求めるほど理解者と巡り会うことはなかった。

そして歳を重ね、いろんなことが見えてきた。何かがなくては困ることは無い。現実は周りが創り出したもの。

僕自身が何を創りたいのか?年齢なんて関係なくて、今、何がしたいのか?今、何ができるのか?常に今。この瞬間に命がある。

目的や経験や成長を求めれば、そこに生きがいが生まれ、充足感がもたらされる。しかし、それが幸せなのだろうか?

魂を燃やし、心を震わせ、何かを一生懸命やる経験はたしかに必要なこと。だけど、本当の幸せってのはちがう。

今、僕が思う本当の幸せは…

何をしてもしなくても淡々と時の流れを感じる事ができる状態にあること。今の自分で十分満足という幸せ感覚があること。

みんな何かしてないといけない。何かに取りつかれたように、わざわざ何かに飛びこんで執着して周りを巻き込んでいる。

好きなものは好き。嫌いなものは嫌い。それだけでいい。世間でいう普通を誰かから押しつけられる筋合いはないわけ。

若ければ動くのがあたりまえだったけど、老いると動けることがありがたく思える。言葉じゃなくて、身体が教えてくれる。

ありのままでいいじゃない。足もと見たら、春が咲いていた。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

暑い!暑い!夏い!

犬もくたびれています^_^

no image

過去の経験を活かす場は必ずある

過去を悔やんでも仕方ない。 失敗は成長の糧として積み重ねていく。 修正しながら、 向かいたい場所を目指し どれどけ挑めるか。 稲穂のような、柔らかい精神で。

掃除をすると運気があがる?

実家のクローゼットにため込んだ物の数々、大量のエロ本と如何わしき道具たち。 約30年間、抑圧されてきた心の現れとして、捨てられずにいた泥だし作業。 クローゼットの中をぼちぼち、片付けて行こうと思うよう …

生老病死

人は、生きる。老いる。病気。死。4つのテーマを抱えている。 魂とは肉体が消えても生きつづけ、老いて磨かれ、病にて気づきを得て、死して浄化されるものだ。 おそれるべからず。

キャッチボール

私の近しい友人から、「キャッチボールにつきあってくれ」と連絡が入った。 野球には興味がないけど、キャッチボールは久しくやってないから付き合う事にした。 広場へ行き、キャッチボールを始めると、友人の投げ …