Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚きと癒しの世界

未分類

育て方、育ち方、人も猫も、環境って凄く大事。

投稿日:

屋敷内にある倉庫の2階に一匹の猫が忍び込み、段ボール内で子猫を3匹産んでいた。

箱をそっと除いてみると、親猫がこちらを見て威嚇していた。

親猫は段ボールの下にいる三匹の子猫を護るために必死だった。

獣医さん曰く、一ヶ月はそっとしておいた方が良いということ。

しばらく様子を見て、市の環境課へ相談すれば保護してもらえるようだ。

犬は倉庫から出て行く親猫を発見して落ち着かない様子だった。

餌になる虫を探しに子猫の元を離れる親猫を見たら、強い生命力を感じた。

猫は可愛い。そっとしておいてやりたいけど、つい、追ってしまう。

人の脳は可愛いものを見るとオキシトシンという物質が出て、癒しホルモンが得られる。

人もは「育てる」という経験から多くのことを學び、喜びを得て行く。

育てる対象は人に限らず、植物だったり、動物であったりする。

愛着のあるものを育てる事でストレスは軽減されるし、生きがいを感じられる。

「育てる」という経験から、他愛の精神が生まれ、世界はどんどん良くなって行く。

はず、なのだ…けど、この世は子を1人育てるのに沢山のお金がかかる。

養育費、税金、人はお金に縛られ、育てるという喜びを忘れてしまう。

一人で子を抱え、毎日、時間に追われ、ストレスを溜め込んで行く母親もいる。

そうして間違った「育てかた」をしてしまったり、育児を放棄してしまう親もいる。

決して親がわるい訳では無い。制約条件が多すぎるのだ。

親子の問題はとても根が深く、親子関係で苦しむ人は世界中にたくさんいる。

どんな環境で育つのか、というところがとても重要になってくる。

環境ってものすごく大事。環境が全てと言っても過言ではない。

植物も、動物も、人も、「育て方より育ち方」なのだろう。

この世界は捨てたもんじゃない。なんて、すべての人が言えるだろうか…

猫一匹、育てるのも大変な世界。だからこそ、気持ちにゆとりを持って暮らしたい。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

東日本大震災という教訓。

今から9年前の3月11日、東北で東日本大震災が発生した。 あの日はうつ病を発症してた時で精神的ダメージが重なって苦しかったのを覚えている。 だけどあの悲劇がきっかけでみんなの意識が一丸となったのは事実 …

目線のさきには…

何がいる? 犬さん動かず… 猫か!? いや、鳥か!?

桃鉄

年末、甥と姪が遊びに来てくれて、昨日、桃太郎電鉄というボードゲームを深夜遅くまでやっていた。普通にやったら楽しいゲームなのだけど、暴言とか言う人とやるとただイライラする事になる。このゲームは人間関係を …

アレルギー性鼻炎の季節。

今日は辛いアレルギー性鼻炎(花粉症)を治療するため隠れ家の近くの耳鼻咽喉科へ行った。 先生が鼻の中をクリクリやったあと、たまらずくしゃみがでてしまった。 目がかゆくて鼻水もでて息ぐるしい、眠れない地獄 …

人は存在してるだけで価値がある。他者や自分をラベリングするのはやめよう。

3日前におきた鉄欠乏症によるひどい貧血と吐き気も少しおさまってきて安心している。 でも、今朝はとても実家に帰る元気が無かったので今日は体調管理に集中した。 実家には柴犬がいて、美味しい料理を作ってくれ …