Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚きと癒しの世界

未分類

自分のためは人のため

投稿日:

この手が、誰かの癒しになる。この手が生きる糧となる。

今日は10年ぶりに整体師の元へ行き、お客さん相手にマッサージをした。

手についた感覚(技術)は身体が忘れていなかった。自分に感動した。

人のためにやることには限界がある。自分を喜ばせる。耐えるのではなく鍛える。

来たものは、とにかくなんでもやれるだけやってみる。何か掴めるものがあるはずだから。

自分を信じろ。信じてみよう。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

生活リズム

みんなそれぞれ、一日の計画や予定など、生活のリズムがあると思います。 僕は会社員の頃、毎日決まった時間に起きて通勤して就業して家に帰ってを繰り返した。 今思えばロボットのような、強制と管理と拘束と抑圧 …

疎外感

今日、犬の散歩でよく利用している公園で新春フェスタなる催しが開催されていました。 公園には雪の山があって、子どもらがとても楽しそうに遊んでいました。 いつもは静かな公園もイベントで賑やかになっていて良 …

ワンピースのフィギュアにハマりチュー

今日は甥っ子とボーリングの後、ワンピースのフィギュアを探し購入。 エースが好きな甥っ子にプレゼントしましたが構造がスゴくて僕が欲しいです(泣) 人に喜んでもらえるのは嬉しいです。 カッコええ!

無意識を感じる事。

雨の週末。実家に囚われている僕は、聞きたくない両親の不満を聞き、機嫌を伺う。負を無意識に感じとってしまう僕の意識はノイズだらけで、本当の声が聞こえない。 最近、潜在意識と無意識は違うという事を知った。 …

不都合な真実

私たちは親の世代から、仕事をしなければ食べていけない、生きてはいけない。という恐怖心を植えつけられてきました。 実は、現代の日本では、プライドを捨てれば仕事をしていなくても生きていけます。 多くの人は …