Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

自分のなかの光と闇を統合させ安心して突き進もう

投稿日:

ぼくらは社会に抑圧され自分が主人公であることを忘れている。

すでに現実を創造するチカラを持っている確信があるのに支配されたままでいる。

両親、友人、他人、社会により恐れや不安のスイッチが「パチン!」と、入ってしまう。

多数と少数、2つの道があれば多数を選び、支配される道をみずから選択してしまう。

それが楽だし自然だから。

人間の先祖は本来、群れのなかで生きてきた動物だから群れから離れるのは苦しい。

独りで活動をしていると動悸がして多数派から非難されてしまう。

そっちじゃない!こっちへこい!

そんな声が聞こえてくる。

僕は自分の内なる声に耳を傾け、自然と共にありたいと願う。

だけど願うだけではどおしても苦しい。どおすれば良いのか?

1.自分が主人公であることを自覚すること。

2.自分は創造主であり万物をコントロールできるということ。

3.社会や他者からの刺激から離れ自分の時間をつくるのと。

この3つが大事になる。

「俺たちが今の社会システムに抵抗しているんじゃない。今の社会をとりまくシステムっていうものが、人間の本来あるべき姿に逆らっているのさ。」ボブマーリー

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

一人一人が役者。

人生は一幕の喜劇に過ぎない。そこでは様々な役者が衣裳と仮面で扮装し、代わる代わる登場しては、退場を命じられるまで己の役を演じるのだ。エラスムス(神学者) ぼくらは誰かの脇役ではなく、一人一人が主役とし …

秋は三日月

秋のひととき。 まだ暑さ残る秋の夕暮れ。 金色から紫色に染まりゆく空。 別次元に行きたくなる。 そんな空間。 さよなら黄昏。

無為自然。

大きくするな、増やすな、拡大するな、繁栄させるな、無理をせず、自然にしていれば良い。 これ老子の言葉。人は土地や事業を大きく拡大して子孫を繁栄させたい欲望がある。 そのように設定された貨幣ゲームだから …

嘘と欺瞞に満ちた世界。

真実と嘘が混ざり合う世界のなかで、私たちは沢山の情報に触れている。それぞれがそれぞれの正義を主張し、ほとんどの人間が偏った情報を信じて不安や怒りを感じている。 怒り…それは非常に厄介な感情だ。怒りは人 …

no image

台風一過

台風10号が過ぎ去った朝、蒸し暑さと実家から解放された安堵感、将来に対する不安感が同時に押し寄せた一日だった。