Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

自分のなかの光と闇を統合させ安心して突き進もう

投稿日:

ぼくらは社会に抑圧され自分が主人公であることを忘れている。

すでに現実を創造するチカラを持っている確信があるのに支配されたままでいる。

両親、友人、他人、社会により恐れや不安のスイッチが「パチン!」と、入ってしまう。

多数と少数、2つの道があれば多数を選び、支配される道をみずから選択してしまう。

それが楽だし自然だから。

人間の先祖は本来、群れのなかで生きてきた動物だから群れから離れるのは苦しい。

独りで活動をしていると動悸がして多数派から非難されてしまう。

そっちじゃない!こっちへこい!

そんな声が聞こえてくる。

僕は自分の内なる声に耳を傾け、自然と共にありたいと願う。

だけど願うだけではどおしても苦しい。どおすれば良いのか?

1.自分が主人公であることを自覚すること。

2.自分は創造主であり万物をコントロールできるということ。

3.社会や他者からの刺激から離れ自分の時間をつくるのと。

この3つが大事になる。

「俺たちが今の社会システムに抵抗しているんじゃない。今の社会をとりまくシステムっていうものが、人間の本来あるべき姿に逆らっているのさ。」ボブマーリー

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人は元はひとつなのになぜ?正義と悪とに分かれ違いがあることに優越感を感じたいのだろう?

自分は何のために生きているのか?人は何のために産まれてきたのか? これは全人類が共通して持っている想いのひとつだと思います。 簡単に言ってしまうと、人間は体験と快楽をするために生まれてきたと言えます。 …

夏のアクティビティーを楽しむために乗り越える苦難。

今春からゴミ拾いという遊びを楽しむためにピックアップスケートに挑戦してます。 ゴミ拾いも遊びもカッコよく楽しめるアクティビティが充実した一台に俺は満足しています。 何より重要なのはカッコよさの追求。技 …

夏の空と8月の憂うつ。

今日は広島に原爆が投下された日。被曝から75年が経過したそうだ。 凄惨な光景を映像や書籍で見てきたけど、被曝された方々は本当に苦しかっただろう。 僕らの世代は精神の闘いだ!争いはデジタルな世界の中であ …

黄金比とスタバの空間

コーヒーは飲めないけどスタバは不思議と落ちつくから好きです。 一人では行く機会がないスタバに今日、コーヒー好きな母と行って来ました。 店内を眺めていると、空間が居心地の良さを感じさせる長方形である事に …

危険な暑さ。

今日は情報発信の素材を撮るため外出したのですが、暑さで危うく倒れる寸前でした。最高気温が34°を超えただいま熱中症でダウン。 吐き気と目眩でソファーから起きられずトイレに行くのもやっと…食欲があるのに …