Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

自分の価値を信じる

投稿日:

子どもの頃、最初に世話をしてくれたこの世界の案内人たち…彼らはきっと無条件の愛を持って僕らを育ててくれたでしょう。

最初は何も持たなくても、あるがままで生きらたはずなのに…生きてゆく過程で罪悪感や無価値観を刷り込まれ、生き辛さを感じてゆく。

「だからお前はだめなんだ」と、否定されたり、「お前はつまらないやつだ」と、消しかけられたり………

そうやって心と体が疲弊していくと、自分の価値を信じるにはどおしたら良いのか?なんて、考えなくても良い事を自問自答している。

何があっても、何もなくても、存在している事が幸せだと意識する事が必要。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

今日も精一杯、挑戦した。

山の中、雨を避けてひたすら蹴った。 どおしても完成させたい技がある。 ダブルアラウンドザワールドという技。 もっと本気でいこう。

ソーシャルディスタンスの大切さを今こそ知ろう。大切なのは距離を保つ思いやり。

国民が自粛することで、二酸化炭素が半分になって、去年より寒くて空が澄んでいるように感じる今日この頃。 衛生面が保たれたり、交通事故死が減っていたり、良い側面がある一方で、様々な社会問題が起こっています …

和合の道。

私は元職場の上司から暴言によるハラスメントがキッカケで私病が悪化した体験をしました。冗談や口癖であっても「しね」という言葉を言っては行けません。 しかし、会社側はそれを認めようとはしません。僕としては …

向日葵の季節

梅雨が明け、いよいよ暑い夏本番!実家の近くのひまわり畑が綺麗でした。 向日葵を見ると元気がでます! 癒されます。 ドラマチックな夏を始めよう! では。

名作をこの世に遺して。

先日、長野県の奈良井宿へ家族で行った時に父親が購入した切り絵が実家の玄関に飾ってあります。 夕陽に照らされ、どこか味わい深くも懐かしさを感じられるこの作品、 実は切り絵のコピーです。 奈良井宿の藤屋と …