Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚きと癒しの世界

未分類

自分自身の信念を信仰せよ

投稿日:

私は昔から信仰という言葉がすごく嫌いでした。なぜなら宗教=洗脳と思うからです。

そもそも信仰とは、何か?

信仰とは→「神や仏などを信じること。また、ある宗教を信じて、その教えをよりどころとすること。 人やものごとを信用・信頼すること」

つまり、自分以外のナニカを信じることで疑念を確信に変える事ができると言うこと。自分以外のナニカとは、示し申す神のこと。

神は宿るものではなく、自分の中に宿すものである。自分の内から湧きでるものを信じきることが信仰心であるのだと私は思います。

信仰が、自分の内へ向かうものだとしたら、それは素晴らしい教えだと思います。そこに疑念など入り込む余地はありません。

信仰が集団で神を崇める行為であるとしたら、それは非常に危険な行為であり、疑念を生む偏った思想であると思います。

神とは、居るのではなく、有るもの。他者にすがるものではない。今、ある生命すべてを尊重し、今、起きている事象をすべて受け入れる事で、自分自身を救うのです。

信仰とはあるがままの心であり、心とは内に存在する無限なもの。それが宇宙だとしたら、宇宙は上ではなく、内にあると言えます。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

東日本大震災という教訓。

今から9年前の3月11日、東北で東日本大震災が発生した。 あの日はうつ病を発症してた時で精神的ダメージが重なって苦しかったのを覚えている。 だけどあの悲劇がきっかけでみんなの意識が一丸となったのは事実 …

個性が目覚めるとき、人は次の次元へ上がっていく。

世の子供たちは親や大人に言われた事を言われた通りにしているよ。 でも本当にやりたいことは もっと別にあるんだ。 大人は子供に、これは違う、これをやれっていう気持ちになる。 皆んなと同じでなきゃ取り残さ …

no image

自分の中に光を持っているのなら…今あるものに感謝して、未来に希望を持って歩こう。

自分の中に光を持っているのに、「私はダメかもしれない」ってね。それはせっかく懐中電灯を持ちながら眼をつぶって歩くようなものです。尊いものを持っているのにそのありがたさに気づかない。贅沢ですよ。 これは …

no image

体調不良な一日

今日は言葉では言い表せないくるしさにおそわれていた。とにかくゆっくり深呼吸。

ゴミと自然の関係性

雨は…舗装のゴミを洗い流してくれる。 風は…街のゴミを歩道に集めてくれる。 海は…岸辺にゴミを運んでくれる。 自然はゴミをひとつにしてくれるから、人は苦しみの時代を捨てて、今を満たして行こう。