Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

自粛をして不要不急の外出を避けての活動。

投稿日:

風の強い午後に、誰もいない公園でひとりリフティングをしていた。

風が強いのでうまくボールにタッチする事が難しくて気分も落ち込んでいる。

コロナウイルス感染拡大によって緊急事態宣言が出され、不要不急の外出を避け、自粛を呼び掛けられるなか、

不要不急の外出の定義とはいったいなんなのだろうと思う。

密閉、密接、密集を避けての行動とは?

週末における不要不急の外出は控え、スーパー、薬局、食料品、医薬品、通院などに行くこと、これは制限するものではない

という事だが、判断は難しい。

お金を払っているので子供を塾に連れて行くという毒親もいます。

こういう親がいては世界がよくならないどころか、わるくなってしまう。

個人がいま一度、冷静になって考えて行動しなければならない。

子供の自由や権利を奪う親が世の中にはまだ沢山いる。自由意志を奪う行為は大罪だ。

こういう事態だからこそ、個人の人格を尊重してあげられる器が必要。

皆が開放された世界であって欲しい。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

情けはかけても情けないやつになるな。

忘れ去られた人情と思いやり。今日も誰かと誰かが争い揉めている…人間味のある心に触れたい。味わい深い人でありたい。 人に情けをかけることは、巡り巡って自分のためになる。とか、言うけれど、それはちょっとち …

無為自然。

大きくするな、増やすな、拡大するな、繁栄させるな、無理をせず、自然にしていれば良い。 これ老子の言葉。人は土地や事業を大きく拡大して子孫を繁栄させたい欲望がある。 そのように設定された貨幣ゲームだから …

一笑一若・一怒一老

「一笑一若・一怒一老」という中国の言葉があることを知った。一回笑えば若くなり、一回怒ると老け込むのという意味らしい。 ストレスをぶつけてきたり、すぐに怒る人がいる。笑いを忘れた人が多い気がする。笑えな …

分離から統合へ

正義と悪、正社員と非正規社員、白人と黒人、お金持ちと貧乏人、既婚と未婚、健常者と障害者…もともと一つの存在がお金によって自我を持ち、正義と不正義で分かれ二極化している。 無意識的に違いを生きがいとして …

喜びと幸せ

喜びとは一時の感情であり、幸せとは不平不満が無く満たされている状態のこと。喜びは苦しみと表裏一体だろう。苦しみがあるから喜びを感じられることができるのだ。この苦しみの感情を不愉快と言い換えてもよいだろ …