Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

苦痛からの解放

投稿日:

海外ドラマ、ウォーキングデッドにハマってから10年が経つ。

2010年から2019年現在までながく続いている人気ドラマ。

ゾンビ物なのに人間模様が描かれていて素晴らしいと思う。

グロテスクな作品で不快なのに中毒性があっておもしろい。

特にシーズン7のあるシーンには心をへし折られた。

見たことを後悔した人も多数いるだろう。僕もそうだ。

なぜ?トラウマになるようなドラマであっても人を魅了し続けるのか?

人は何を求めているのか?

それは、「苦痛からの解放を味わいたいから」

人は「快」の感情を優先的に欲しがる生き物で、

快感と不快は隣り合わせだということ、つまり恐怖と快感は密接に絡み合っているのだというのです。

ひとによってはホラー映画も良いストレスになるということです。

ストレスは私たちの生活に多くの問題をもたらします、

しかし、ときにストレスは必要であることが分かっています。

免疫反応が引き起こされ、それによって免疫系が強化され、

より大きな脅威に対応できるようになるといった点など、

こうしたものは恐怖症の治療に用いられることもあるそうです。

行動療法で「暴露療法」と言われる治療法があるのだそうです。

それは、あえて恐怖をひき出しストレスに対しての免疫反応を強化するやり方です。

コントロールされた環境において不安を感じる経験を繰り返すことで、

実生活においても自分自身の不安に対する反応をコントロールできるようになるのだとか。

とにかく人は苦痛からの解放を望む心理があるということでした。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

暗闇でも何かひとつ掴むことが大事。

今から3年前の2017年1月、劣等感がピークに達し、僕は労働に疲れ果てていた。 会社に依存するしか道がなく、散々お世話になった挙げ句 年下の上司から「死ね。今まで何してきたの?」と言われ完全に戦意喪失 …

先週から続いている

先週から続いている頻尿の症状はおそらく前立腺肥大症か慢性前立腺炎。 4〜5年前に排尿障害に悩まされ、尿閉になって大変な思いをしている。 前立腺肥大症と診断され神経陰性排尿障害とも言われ会社を休んだこと …

社会の流れ

世間は三連休前。敬老の日、春分の日という国民の休日が控えている。 〜の日。というのは、僕にとってはあまり意味のないイベントである。 おそらく大型ショッピングセンターは多くの人で賑わうだろう。 何も起こ …

明日は家族旅行

天気は曇りのち雨。運転手は僕。行き先は長野県。寝覚の床〜奈良井宿〜わァ食キッチンEATでソースカツ丼〜リンゴ園。 奈良井宿は2年ぶり、前回も秋で雨だったけど楽しかった。ひとりだったけど山々の紅葉がとて …

ワクワクして生きるのは地球人としての責任。

嫌な事をひたすら我慢して、愚痴って暗い顔して生きなくてもいい。 ワクワクすること、やりたいこと、優先してやって行こう。 健康と経済と人間関係のバランスをとって、今を生きよう。