Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

苦痛からの解放

投稿日:

海外ドラマ、ウォーキングデッドにハマってから10年が経つ。

2010年から2019年現在までながく続いている人気ドラマ。

ゾンビ物なのに人間模様が描かれていて素晴らしいと思う。

グロテスクな作品で不快なのに中毒性があっておもしろい。

特にシーズン7のあるシーンには心をへし折られた。

見たことを後悔した人も多数いるだろう。僕もそうだ。

なぜ?トラウマになるようなドラマであっても人を魅了し続けるのか?

人は何を求めているのか?

それは、「苦痛からの解放を味わいたいから」

人は「快」の感情を優先的に欲しがる生き物で、

快感と不快は隣り合わせだということ、つまり恐怖と快感は密接に絡み合っているのだというのです。

ひとによってはホラー映画も良いストレスになるということです。

ストレスは私たちの生活に多くの問題をもたらします、

しかし、ときにストレスは必要であることが分かっています。

免疫反応が引き起こされ、それによって免疫系が強化され、

より大きな脅威に対応できるようになるといった点など、

こうしたものは恐怖症の治療に用いられることもあるそうです。

行動療法で「暴露療法」と言われる治療法があるのだそうです。

それは、あえて恐怖をひき出しストレスに対しての免疫反応を強化するやり方です。

コントロールされた環境において不安を感じる経験を繰り返すことで、

実生活においても自分自身の不安に対する反応をコントロールできるようになるのだとか。

とにかく人は苦痛からの解放を望む心理があるということでした。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

静かな週末

久しぶりに実家に帰らない、静かで穏やかな週末を過ごしている。 軽くボールを蹴って、今、アメリカで起きている事を情報を集めたりしている。 僕らはきっとひとつになれない。 なら、どおなりたいのか?どおした …

イメージすること。

右も左も、真ん中さえも無い。良いも悪いも感じつつ今を生きるだけ。過去も未来も今が決めているのだから、今を自由自在に生きて変幻自在にイメージしてゆけば良い。

自然食レストラン

飽食の時代となり、世の中には本当においしい食品がたくさんあります。 昔は体力仕事が多く、3食しっかり食べないと体が持たないと言われていました。 しかし、加工食品が増えた現代において、高カロリーな食材を …

軽やかに生きる

【氣樂・氣軽】この文字には力がある。肩の力を抜いて、自分を励まして行こう。

久しぶりの再会

今日は年末年始ぶりに甥っ子と姪っ子が実家に遊びに来ていた。 コロナショックで外出自粛要請が出ているなかCoCo壱カレーのテイクアウトを頼んだ。 安定のウマさ!実家に戻ると精神状態も体調もわるくなるけど …