Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

蒸し暑さとともに、この世界の未来を感じてみる。

投稿日:

ワクチン義務化、マイクロチップ義務化、マイナンバー義務化、ベーシックインカムなど、

スーパーシティー法案からムーンショット計画まで話しが進んできています。

GDP(国内総生産)に貢献しなければ人間扱いされないのではないか?

きっと人類は、ずっと同じことを繰り返してきたのでしょう。

人間だけでは限界。もうかなり前から懸念されている問題です。

これから本格的にAIが動き出すと、生産性が上がると、人間の仕事はどおなるのでしょう?

政府と国民は何にとらわれて生きているのでしょうか?

弱者と強者を計る最たるシステムとは、税金であり、みんな貨幣構造に嫌気がさしている。

政府や企業に協力するな!と、言っている人ほど枠からはみだせない。

でも、中にはYouTubeを使って、声をあげ、人を集め、集めた作物などの物資を共有し、

困っている人に分け与えるシステムを自ら構築している人もでてきた。

まだ世の中は捨てたものではありません。それに、監視、管理されることは悪でしょうか?

ダーグサイドに引っ張られないよう、自分軸を持って今を生きて行くのです。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

きめられない。

先日撮った写真のテーマがなかなか決められなくてモドカシイ… ※紫陽花に見送られる人 ちがう… ※あじさいにみおくられて… ちがう… ※紫陽花と共に… ちがう… 閃くまで待とう。

情けはかけても情けないやつになるな。

忘れ去られた人情と思いやり。今日も誰かと誰かが争い揉めている…人間味のある心に触れたい。味わい深い人でありたい。 人に情けをかけることは、巡り巡って自分のためになる。とか、言うけれど、それはちょっとち …

5年先のテクノロジー

今や全世界の老若男女が使っているスマホの歴史をたどってゆくと未来が見えてきます。 1G(第1世代)速度:アナログ電波 携帯電話の前にあったポケベルは小型受信機として文字や数字でやりとりができ、当時は画 …

驚愕!会社という組織の闇をみた。退職金の罠。

先月、24年10ヶ月勤めた会社を退職して、今日、退職金を確認しました。 職場の上司の「死ね」という言葉がキッカケで体調不良となり、 出社できない状況に追い込まれてしまい、重度のうつに悩まされました。 …

人生というゲームをコントロールする主人公は自分自身、だから組織に囚われるな。

人生は誰かが作ったゲームだとしたら この世界は何者かが作った原型、母型の中であり、人生というゲームをクリアするために地球というフィールドに我々の魂が送り込まれたのかも知れません。 「知識」と「意識」と …