Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

蒸し蒸しな時期

投稿日:2019年6月30日 更新日:

蒸し暑い季節がやってきた、一年で最も苦手な時期だ。

過去に出会った人のなかに、この時期の湿気が好きだという女性がいた。

「一年のなかで好きな時期は?」

という質問に対し、「特に6月〜7月の梅雨どきが好き」と言った、

なぜか?聞くと、「ムシムシ、ベタベタ、ジトジト、ベトベトした感じがいいの、生命の息吹き感じさせてくれるから好きなの」と言っていた。

つまり湿気が生きていることを実感できるのということ。

マゾですか 笑

僕は湿気と低気圧だけはダメです。

冬は毛布にくるまったりすればいいけど、

湿気はクーラーつけても、扇風機まわしても逃げられんからです。

世の中にはほんと、いろんな人がいる。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

苦月の終わり

9月は僕にとってまさに苦の月。そういう周期がある事がわかる。 ただ続ける。 生きるために。 成長⚽️あるのみ。

脚がちぎれるほど蹴った。

今日は昨日蹴れなかった分、多く蹴った。とにかく蹴った、蹴って蹴って蹴りまくった。 ボールをね。 日々。成長。

なつぞらといぬ

夕暮れ時の柴散歩。雲が夏って感じでした。 暑き夏がはやく終わらないかな… 蒸し暑かったけど、柴犬に癒された一日。

普通とは何だろう。僕らは誰かのコピーではない。オリジナルの生きものだ。

社会は普通かそれ以上になれという。心に闇を抱えた者にとって怖いのは世間の目。 世間の目は「普通」から外れた者にとっていまだに冷たい。 多様性が認められ、寛容な社会ではあるけど、限られた職種の中で何かを …

我武者羅に生きるよりも、無我夢中でありたい。

僕は少年の頃から誰かと比べ劣っている自分を責めて葛藤を抱えていた。 両親は習字の塾やそろばん塾、家庭教師などの習い事をさせてくれた。 というよりも、本当の自分の意思に反してやっていたのだと思う。 親を …