Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚きと癒しの世界

未分類

血統とは

投稿日:

人は血統という種族にこだわりを持ち、家族という深い繋がりを大事にしている。

家族だから一緒に暮らすのがあたりまえ、家族は支え合わなければならない。

そう言った時代が間違いなく存在した。時は流れ…多様性の時代になった。

子ども時代は家族というグループから離れる事は死に値することだった。

今や、必ずしも家族というグループに所属しなくても良くなったはず。

なのに家族の枠にはめようとする枠決めが未だに存在している。

人類は必死でモノを作り、便利で豊かな生活を手に入れるはずだった…

でも、精神は一向に良くならない…精神を病んで自死する人さえいる。

学校や会社では順位をつけられ、周りと比べたり立場を気にするようになった。

そこから負の連鎖が始まった。ベビーブームがそれをさらに加速させた。

赤ちゃんが産まれると結婚という制度がもれなくセットでつけられる。

結婚制度とは…その家族の血統をはっきりさせるためにあるもの。

血統とは…その家族の富や財産を相続させるためにある。

つまり結婚とは、土地や財産を所有する概念から、富を相続する考えかたである。

モノとかオカネを所有するというシステムを何世代にも渡って継承させるのが結婚。

結婚とは国を統治するためのシステムであり、支配構造を維持させるためにあるもの。

私たちはこんな下さないゲームを何千年も続けているのだ。

これは支配構造を継続させる権力構造の元の考え方である。

これからはもっと軽やかに生きられるよう、選択肢を増やす行動をしなければならない。

本来、自分を生んでくれた親や弱った人の面倒を見るのはあたりまえなのだ。

そのあたりまえが忘れられている。親だから、子だから、してもらうのがあたりまえ…

ではない!!!!いい加減、平和な家族ごっこをするのはやめよう。

自由に生きるために、血統から抜ける生きかたをしなければならない。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

田舎に住む

群れと離れて暮らしたい。田舎に住みたい。そんな想いが微かにある。緑に囲まれて、川のせせらぐ音が聞こえて、季節のうつろいを感じながら、静かなところで暮らすんだ。

風鈴凜々

ふと、風鈴の音色を聞きたいと思ったので、関ヶ原ウォーランドの風鈴を見てきた。 ほぼ無風のなか、時折り吹く風が色とりどりの風鈴を揺らしていた。 夏らしい絵柄の風鈴が沢山…その数なんと5670個!!驚きの …

黄昏刻の空

柴散歩。 黄昏時、秋の空。 やっと公園の一部が開放されました。 家の柴は少し驚いていました。 雨の散歩道に突如、異次元の空間が現れたのですから^_^

学校へ行かせなくてもいいじゃないか!親は執着を捨てよう。

前に連絡があった人と関わりを持ってからしつこい闇を感じてきた。闇の正体は親子関係にある。それがけっこう根深い。 その親は子どもの将来を気にしてどおしても学校に行かせたいらしい、しかし子どもは行きたくな …

オニツカタイガー

オニツカタイガーという素晴らしいスニーカーがある。何年か前に愛用していたメーカーでどんな服装にも合う靴だ。 先日、そのオニツカタイガーを購入。軽くてリフティングする時にフィトしやすいだろう。まだ一回も …