Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

表現者としての人生を…

投稿日:

自由なんてある訳ない!なんて言葉を投げつけてくる人がいるけれど、自分を、自分らしく、自由に、表現する事は出来る。皆、個性を持っている。はずなのに、村八分とか、大勢から見放される恐怖とか、見えない何かに縛られていたりして、個性を表現できず苦しんでいる人が沢山いる。なんて悲しい世界だろう…有名になんかならなくて良い、ただ、自分を表現者として生きる自覚があれば良いのだ。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

やってみたいこと。いってみたいところ。

何かに挑戦したい。あの場所へ行ってみたい思う欲求はテレビやインターネット、本や人との会話といった外部から得られるもの。内部から湧き上がる情熱とか欲求ってなんだろう?外部との情報を遮断さた無の状態にあっ …

テレビっ子

昭和生まれの僕はテレビっ子でした。少年の頃からいろんな番組を観てきました。 テレビは好きでしたが、最近はまったく観なくなってしまいました。 今はサブスクリプションという定額制のメディアがあり、自分が観 …

彼岸花の憂鬱

実家DAY。母はかゆみでイライラしながら病院へ…無関心な父は庭の管理で行ったり来たり。 なんだこの憂鬱な現実を感じながら父の為に昼飯を買いに行く途中、彼岸花が咲いていた。 リコリスという品種らしい…な …

自粛で味わう新世界

わるい風邪の影響で、自粛を余儀なくされている。母との約束もキャンセルした。 こんなときでも、インターネットを見れば沢山の娯楽や情報に触れる事ができる。 その情報を、「行動」に移してしまうと行動すること …

やるかやらないか。

今日は気温よりも湿度が高く、非常に体調が悪い一日だった。 フリースタイルフットボールを20分ほど練習したけどもうフラフラだ。 しばらくこう言うのだろう… はやく秋にならないかな^_^って。 いま、フリ …