Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

親の干渉と支配。嫌なことを要求された時の対処法。

投稿日:

親の干渉に心が煩わされている。

「私ら動けんくなったらこの家どおするの?」

「あんた将来どおするの?」

母と2人きりになってしまったら、まさに針の山である。

今朝、母に「あなた時間あるなら家の事を手伝って」と言われた。

もちろん、いいよ!と、快く母からの要求を受けたいと思う。

しかし、その母の言葉に「不快」さを感じ、はっきりした返事ができなかった。

その問いかけの裏にはYESと言うような誘導があり、NOと言えば私の問題にヅカヅカと土足で踏み込んでくる…

私には私の問題があり、私なりの考えやどおすることもできないことがある。

両親が元気にいちじくや野菜など、家の土地から培ったものを育てるのは良いことだと思うし、それを販売するのも良いと思う。でも私はそれをやりたいと思えないのだ。

家族だからという理由で義務や役割として押しつけられるのは苦痛である。何故なら文句や愚痴を言いながらイヤイヤやっているようなことだからである。

ば母は無意識のうちに私の自尊心を傷つける発言をしてくる。解決策があるとすれば、

私と親の間に境界線をひくことだ。親子とはいえ問題を分けなければならない。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

おやおやな親

子どもに家庭の不満や仕事のストレスをぶちまけるおやおやな親が急増中! 本来、親というものは子どもに生きる選択肢を与え木の上に立って見守る存在。 漢字が教えてくれてんじゃん!おやおやな親なんておやめなさ …

特別な存在は誰一人としていない。やりたい事やろう。

皆んな特別になりたい。特別な何かになりたい。僕も誰かの特別になりたいと思う。 特別になれば皆んなから褒められて承認されるし、有名になれる… 特別な人であればこの世に存在する意義が見出せる!と、本気で思 …

知恵を探せ、知識ではない。知識は過去、知恵は未来だ!

2013年に駅のホームに挟まれた女性を乗客が助けたというニュースがありました。 「みんなで助けましょう」ある外国人の呼びかけに反応した駅員と乗客が全員で車両を押して隙間を広げて女性を救出したという心温 …

嫉妬という感情

嫉妬…それは現代が抱える問題であり、正常な感情だ。自分に無いものをもっているあの人がうらやましかったり、他人が自分より恵まれた環境にいることを妬んだり、優れた才能を持っている人に対して腹を立てたり、自 …

体内に何を入れるか

近年、食事による健康被害が顕著になってきました。体に良いとされる食品でさえ成分によって害になる可能性があります。 食に関する情報を集めてみますと、世にあるほとんどの食品、食材には化学物質がふんだんにさ …