Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚きと癒しの世界

未分類

親への感謝

投稿日:

親が私に望む親孝行は、私が長男として家を継ぐこと。仕事してお嫁さんと結婚して子供を残して大黒柱となり家におさまること。

しかし、親が望むものなにひとつ与えてあげられていない「俺ってほんと最悪だ…生まれてごめん」そんな罪悪感を手放せずにいる。

罪悪感は歳を重ねるごとに重くなる。「家族を癒すにはどおしたらいいのだろう?自分の人生って何なのだろう…」

そんなことを考えているうちにまったく眠れなくなり、自分に自信が持てなくなった。しにたい。って毎日、思うようになった。

なぜ、罪悪感は消えないのか?罪悪感を捨てられないのか?それは「親に認めてもらいたい」という依存が親と私にあるからだ。

私も両親も、先祖の意思を受け継ぐことに大きな使命を感じている。その想いに囚われて共依存状態に陥っているのだろ。

親が望む生きかた、親が納得する生きかたをしないと私は私として存在しちゃいけないんだ。と、私たちは思ってしまうんだ。

この苦しみが親に対しての憎しみに変わる。自分が不幸なのは親のせい。祖先のせい。この世界の仕組みをつくった奴のせい…

そんなふうにすべてを恨むようになると、もういいやって、無気力になって、次第に無気力な自分に嫌気がさしてくる。

40代、なにひとつ結果は出せていないけど、私は私のまま生きて行くしかない。ありのままを認めてあげるしかない。

この状況から脱するには、先祖に感謝し親を赦すこと。そして自分自身も許して全身を緩めること。動くこと。

先祖も一生懸命に生きてきた。親も一生懸命に生きている。すべての生命は尊い。このマトリックスのなかで生きるすべての魂たちを応援して行く。みんな頑張ろう!

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

流れるままに。

とてつもなくアッツゥーーーイ夏!真っ盛り!汗でベタベタになる季節です。 季節は常に変化して行きます。人間が住む世界もまた変化して行きます。 変化に抗う事なく、流れるままに、いまこの瞬間を生きています。 …

ドラゴン桜とかいう神ドラマ

先日、ドラゴン桜というドラマが気になったのでちょっと観てみた。そしたらとてもおもしろくて感動した。 前作のキャスティングがあまり好きではなかったのと、熱血教師的な作品が好きではないので観なかったのだが …

大気の状態と体調は不安定。

異常な夏の暑さが和らいできた…だけど大気の状態が不安的で体調も朝から絶不調。。 夜は異様な虚脱感に襲われている。来週は天気もスッキリしないようだ… そろそろ何か創造したり表現したりしたい。自然と触れ合 …

社会の流れ

世間は三連休前。敬老の日、春分の日という国民の休日が控えている。 〜の日。というのは、僕にとってはあまり意味のないイベントである。 おそらく大型ショッピングセンターは多くの人で賑わうだろう。 何も起こ …

めまぐるしきいちにち

今日は朝から色々と大変だったけど、できる限りの事ができた良き一日でもあった。 やりたいこと、できること、積み重ねてゆく、頭の中にあるイメージを解放しながら… 過去は過去のままにして、まずはリラックス。 …