Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

親への感謝

投稿日:

親が私に望む親孝行は、私が長男として家を継ぐこと。仕事してお嫁さんと結婚して子供を残して大黒柱となり家におさまること。

しかし、親が望むものなにひとつ与えてあげられていない「俺ってほんと最悪だ…生まれてごめん」そんな罪悪感を手放せずにいる。

罪悪感は歳を重ねるごとに重くなる。「家族を癒すにはどおしたらいいのだろう?自分の人生って何なのだろう…」

そんなことを考えているうちにまったく眠れなくなり、自分に自信が持てなくなった。しにたい。って毎日、思うようになった。

なぜ、罪悪感は消えないのか?罪悪感を捨てられないのか?それは「親に認めてもらいたい」という依存が親と私にあるからだ。

私も両親も、先祖の意思を受け継ぐことに大きな使命を感じている。その想いに囚われて共依存状態に陥っているのだろ。

親が望む生きかた、親が納得する生きかたをしないと私は私として存在しちゃいけないんだ。と、私たちは思ってしまうんだ。

この苦しみが親に対しての憎しみに変わる。自分が不幸なのは親のせい。祖先のせい。この世界の仕組みをつくった奴のせい…

そんなふうにすべてを恨むようになると、もういいやって、無気力になって、次第に無気力な自分に嫌気がさしてくる。

40代、なにひとつ結果は出せていないけど、私は私のまま生きて行くしかない。ありのままを認めてあげるしかない。

この状況から脱するには、先祖に感謝し親を赦すこと。そして自分自身も許して全身を緩めること。動くこと。

先祖も一生懸命に生きてきた。親も一生懸命に生きている。すべての生命は尊い。このマトリックスのなかで生きるすべての魂たちを応援して行く。みんな頑張ろう!

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

湿度と高温でフラフラな一日

今日は実家の畑で一筋の藁を一束にする作業を手伝いました。 日陰がない畑で約80本ある藁を一束にするのは大変な作業で、中等症の熱中症になり フラフラでした。 家は昔から専業でイチジク畑を管理してます、学 …

損得に走りすぎた人類はどこを目指して行けば良いのか?

ビジネスや社会活動、生活面において、私たちは損得によって物事を判断しがちです。 これからはやりがいや楽しさ、使命感などが重要視されると思います。 自己実現を目指しながら人とのつながりを求めてみんなで豊 …

no image

過去の経験を活かす場は必ずある

過去を悔やんでも仕方ない。 失敗は成長の糧として積み重ねていく。 修正しながら、 向かいたい場所を目指し どれどけ挑めるか。 稲穂のような、柔らかい精神で。

犬遊び

すなっぷちゃっとで犬を撮ってみた。 なかなか面白い写真が撮れたw 技術の進歩に驚くばかり…

核家族問題。両親から与えられる常識と試練。

どおせ。おまえ。だめ。ちがう。こうあるべき。あいつは捻くれ者で、あなたこうで、わたしはこうだ!と世をすねる団塊世代。 就職、結婚、子供、母が私に向けて発せられるメッセージに扁桃体が反応し、吐き気と罪悪 …