Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

誰も家へは来ない

投稿日:

定期的に実家へ来てくれていた甥っ子も高校生となり、まったく顔を見せなくなった。僕はそれが普通だと思っているのだが、両親は寂しそうにしていたりする。

来なくなったのには理由がある。何かとうるさいからだ。勉強しなさい、手伝いなさい、ゲームばかりして、感染者が多くでているのに外へ出てどおするんだとか…

何かと制限してくる両親。思い通りにしたいのはわかる。でも、依存心を捨てなければ、誰も寄り付かなくなる。私の侵されたくない領域まで土足で入って来ないで欲しいものだ。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

市役所という場所

今日は市役所で必要な手続きの準備をしてきた。市役所にはさまざまな手続きをする場所があり生活に役立つ情報を与えてくれる。 僕が住民として属する地域の市役所は対応が良く、様々な制度を受けられる。しかし、社 …

動物的セラピー

犬と遊ぶ 時間 癒し だす

アパシー・シンドローム症候群というやまい。

現代病のひとつと言われる「無気力症候群」アパシー・シンドローム。 いま、私たちの周りには魅力的なコンテンツがたくさんある。 それらサービスを安く、簡単に、見たり聞いたりする事ができる。 便利で刺激的な …

内なる闘い

今日はリフティングをしていて嬉しい事があった。ずっと挑戦していたアラウンド・ザ・ワールド(外回し)10連続を達成できた。 これからさらに安定するよう蹴って行きたいと思う、そして、苦手な内回しも10連続 …

回り道もあっていい

機械工場で、油まみれになって加工してるほうがマシだって、一生懸命なやつが、いつのまにか会社から去った。 半導体工場でクリーンな服きてただ突っ立って機械が検査するのを待つだけってやつらも人脈は増えないし …