Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

騒音と灼熱地獄

投稿日:

アパートの隣の住人の”遠吠え”がうるさすぎて…昨晩、ブチギレてしまった。怒りにまかせ拳とボールを住人の壁めがけ思いっきり当てにいった。そしたら指の皮がめくれた(笑)それから頭がクラクラして心臓が痛くなった。暑さと怒りで血圧が一氣にあがり、心筋梗塞のような症状がでてしまった。隣の住人の騒音はすでに管理会社に報告してある。なのになぜ暴言から叫び声にエスカレートしてんだ!?(笑)

オペレーターみたいな女が「伝えときます、ケーサツ呼んで下さい」って言ってたわ。また奴の声が聞こえてくるのかと思うと、殺意さえ湧いてきそうになる。

俺はただ静かな夜を過ごしたいだけなのに、実家にいてもアパートに避難しても落ちつける場所なんてどこきもない。いつまでも消えない動悸に悩まされながらいやな朝を迎え、死んだような一日を過ごした。

でも、日が暮れてから魂をボールに込めた。僕らの外側の世界は死んでしまったようだけど、僕の内側の世界は生きている。挑戦、挑戦、日々挑戦。成長しかない!

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

田舎に住む

群れと離れて暮らしたい。田舎に住みたい。そんな想いが微かにある。緑に囲まれて、川のせせらぐ音が聞こえて、季節のうつろいを感じながら、静かなところで暮らすんだ。

自粛をして不要不急の外出を避けての活動。

風の強い午後に、誰もいない公園でひとりリフティングをしていた。 風が強いのでうまくボールにタッチする事が難しくて気分も落ち込んでいる。 コロナウイルス感染拡大によって緊急事態宣言が出され、不要不急の外 …

ミミズは地球に貢献している

強い雨が降り続いていて…気分も下がりっぱなしで苦しい週末を過ごしている。 雨が降ると地上に出てくるのがミミズ。みた目がとても苦手である… 土砂降りの雨の後、呼吸のしづらい状況になると地上に出てくる習性 …

実家という牢獄。

実家へ帰ると必ずテレビのニュースがつけられていて、夕食時になると料理を作る母と外で土弄りして帰ってきた父が洋間で交わる。 その2人を取り繕うかたちで、私は地獄のような空間へみずから乗りこみ、ダークな空 …

分離から統合へ

正義と悪、正社員と非正規社員、白人と黒人、お金持ちと貧乏人、既婚と未婚、健常者と障害者…もともと一つの存在がお金によって自我を持ち、正義と不正義で分かれ二極化している。 無意識的に違いを生きがいとして …