Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚きと癒しの世界

未分類

秋旅

投稿日:2019年10月17日 更新日:

今日は朝早くから家族と長野県木曽郡へ行って来ました。まず最初に着いたのは寝覚の床。

タイトな予定でしたので遠くからの撮影になりました。

ここは浦島太郎竜宮城から帰り、玉手箱開けて眠りから覚めたとされる場所です。

寝覚の床という名称はこの伝説が由来となっています。

次に訪れたのはこの旅のメインと言える場所、奈良井宿です。

コスモスが綺麗に咲いてました。

ここは2年前に一人で訪れた場所。今回 両親を連れて来られて本当に良かったです。

平日の朝、寒くて…人もいない…閑散としていました。

曇天の撮影は難しかった…人がいれば映える写真が撮れると思います。

まさに人ありきの宿場街だなという印象でした。人が景色をつくる街です。

人が入るとこんな感じになります。なんだかノスタルジックです。上は合成写真です。

ちょっと加工を施すと…

こんな感じになります。加工をして楽しんでみるのも良いと思います。

人生は出会い。僕は一人になることが多いので本当にそうだなと思いました。

木曽奈良井宿きむら」で五平餅を食べました。とても美味しかったです。

ほんと味のある街並みです。

随所にお花がさり気なく置いてあり街並みを綺麗に飾っていました。

そして、予定を変更して奈良井宿でランチ。「こころ音」でそばアレルギーの母はおにぎり定食を

父と僕は蕎麦が大好きなので蕎麦を注文しました、とっても美味しかったです!

ありがとう。奈良井宿。

帰り際に両親の背中と紅葉を撮ってみました。なかなかうまく撮れたと思います。

最後は駒ヶ根まで行き、松尾農園のリンゴ園でリンゴを買いました。

両親はここのリンゴが好きみたい。ここに来るための旅行でした。

来年も来ようと思います。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

労働をやめて、地球の未来を考えよう。

なぜ、我々は労働をするのか?なぜ、我々は労働から逃れる事ができないのか? 例え労働から離れられたとしても孤独だと哀れみや虚しさや孤立感に苛まれる。 四六時中働いて、時間に追われ、充実感。充足感。貢献感 …

マスク熱中症に注意!街はカオス!緊急事態発生。

先日、名古屋の街へ行ったところ、異様な光景を目にしました。 街で歩いているひと全員が炎天下の中でもキチンとマスクを着用していました。 外に居た僕も慌ててマスクを着用しましたが、あまりの暑さで命の危険を …

しずかなるおおみそか。

とは行かせないのが我が人生。母の支配的な態度にイライラする年末年始。 俺は誕生日と年末年始が心の底から嫌いだ、鬱だ、もはやトラウマだ(怒笑) 皆んな自ら忙しい状況を選び、それを理由にイライラを家族や他 …

騒音との闘いも一旦、収束。

先月からアパートの隣りの住人が深夜に不気味な叫び声をあげるようになっていた。数年前から不愉快になる騒音被害を受け、管理会社に相談して一度は解決した問題だったのだけど… また、同様な事が起こってしまった …

アレルギー性鼻炎の季節。

今日は辛いアレルギー性鼻炎(花粉症)を治療するため隠れ家の近くの耳鼻咽喉科へ行った。 先生が鼻の中をクリクリやったあと、たまらずくしゃみがでてしまった。 目がかゆくて鼻水もでて息ぐるしい、眠れない地獄 …