Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

新しい時代の始まり、変革の時は近い。

投稿日:

新しい時代が来るという時に、夏までに567が収束すれば

株価がV字回復して、また経済活動が戻ってくることを期待する事で良いのだろうか?

命を削ってお金を稼ぎ、命を削って媚を売り、命を削って眠らないで仕事をする非人間的な生活を、いつまでも繰り返していては行けない。

あの異常な暮らし、異様な労働を強いられる時代に戻る必要はない。消費を生きがいにすることを繰り返す必要もない。

毎日お金のためにやりたくない事をやって、労働で疲れた顔を子供に見せつけて自慢したい人なんているのか?

民意をないがしろにするスーパーエリート集団(財務省)に、みんなで従う時代は終わり。

いよいよ人命第一となってきた時、怒りと希望の感情が同時にこみ上げてくる。

今このときこそ、頑張る方向性を徐々に変えていくチャンスである。誇りを持って、新しい時代を作って行くのだ。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

嵐の日

今日は朝から台風の影響で風が強く吹いていました、実家の洋間にいると、ずっとテレビを見せられますのでなんだかとても暇でした。明日はアパートに帰られるかな?

好きを続けるということ。

好きな事や得意なこと毎日つづけることは簡単ではありません。好きだからこそ、毎日続けることが苦であってはならないと思います。日本人は苦であることを続けることが美徳とされています。まず、好きを続ける先にど …

哀愁の犬

いつもの散歩コースにて犬を撮影。 静かな湖畔と平和に見える街並み。 一本の彼岸花が犬の哀愁を引き立てた。

イメージすること。

右も左も、真ん中さえも無い。良いも悪いも感じつつ今を生きるだけ。過去も未来も今が決めているのだから、今を自由自在に生きて変幻自在にイメージしてゆけば良い。

生きる意味は魂の奥底にある。

令和は人生100年時代。平成の平均寿命は85歳。さらに昔の人の平均寿命は45歳。 昔の設定を生きていたら、僕はもうとっくに過労死しているだろう。 昔は生きるために必死になって働いていた。この世に生きた …