Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚きと癒しの世界

未分類

DNA(遺伝子)だけが知っている人間の行く末。

投稿日:

一部のメディアで枠珍の義務化が叫ばれるなか、私たちは2つの選択を迫られている。

生身の人間であるか、新たなサイボーグとして生まれ変わるのか。

これは今、人気のアニメ、鬼滅の刃で人間vs鬼としても描かれている。

人として与えられた生命をまっとうするか?人を捨て鬼となり新たな目的のために生きるか?

なぜ?多くの人が作中に登場するキャラクターに心動かされ、惹かれたのか?

人であることを貫いたあるシーンに感情を揺さぶられたのか?

それは、人間のDNAに刻まれた生存本能が共鳴したから。

あるいは、

敗者の美学、昭和の生き方が日本人に刷り込まれているから。

どちらにせよ、もし、枠珍によって人間のDNAコードが書き換え可能になったら…

古いものは破壊され、新しい種は希望となり得るだろうか?

今の段階では、枠珍によって人間のDNAに含まれる情報や記録は破壊されると言われている。それを希望と呼ぶにはほど遠いだろう。

一度、DNAが変化してしまったら、その人は永遠に一生、その変化とともに生きる。

人間が人間でなくなる技術を普及させたい人がいる。彼らはテレビ、新聞、PC、スマホを通じて私たちに人間であることをやめさせ、新たな道を推奨する。

人が機械と融合して生きられるよう、準備を進めている。その実験の犠牲者になる覚悟はある?抗うのか、受け入れるのか…

それは自由。

私はあえて受け入れよう。なぜなら、国は小さく、民は少ないほうが、くだらぬ争いや制限は減ると思うから。

人類は試されている。この世に同時は存在しない。枠珍を打つか、打たないかを決めるのは個々の自由。だが、

人間に与えられた「選択の自由」が奪われるのだけは阻止したい。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人生に悩みはつきものなのか?

悩みの正体、つまりそれ心。心とは人と人の間で生まれるもの。悩みの根源は人間関係によって生まれる。人は悩み葛藤するなかで成長する生きもの。しかし、悩みにつきまとわれ身動きが取れなくなり自ら命を落とす者も …

no image

眠れずの一日

昨夜は眠れずに今日を迎えた、今日こそ寝よう。

幸せとは何かを為す事ではなく静けさのなかで満たされること

あれが足りない。これも足りない。あれが欲しい。このままではダメだ。 なんとかしないと…数年前の僕はそんな考えに取り憑かれていました。 幸せって何だろう? 仲間とともに何かを経験して達成感を味わうこと、 …

マルクス・アウレリウスいわく

「今日まで君は、どんな態度で過ごしてきただろうか、神々に対しても、両親、兄弟、配偶者、そして教師や友人に対しても、誰に対しても、君はひどい扱いをしたり、ひどいことを言わなかっただろうか、そして、君がこ …

蒸し蒸しな時期

蒸し暑い季節がやってきた、一年で最も苦手な時期だ。 過去に出会った人のなかに、この時期の湿気が好きだという女性がいた。 「一年のなかで好きな時期は?」 という質問に対し、「特に6月〜7月の梅雨どきが好 …