Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

DNA(遺伝子)だけが知っている人間の行く末。

投稿日:

一部のメディアで枠珍の義務化が叫ばれるなか、私たちは2つの選択を迫られている。

生身の人間であるか、新たなサイボーグとして生まれ変わるのか。

これは今、人気のアニメ、鬼滅の刃で人間vs鬼としても描かれている。

人として与えられた生命をまっとうするか?人を捨て鬼となり新たな目的のために生きるか?

なぜ?多くの人が作中に登場するキャラクターに心動かされ、惹かれたのか?

人であることを貫いたあるシーンに感情を揺さぶられたのか?

それは、人間のDNAに刻まれた生存本能が共鳴したから。

あるいは、

敗者の美学、昭和の生き方が日本人に刷り込まれているから。

どちらにせよ、もし、枠珍によって人間のDNAコードが書き換え可能になったら…

古いものは破壊され、新しい種は希望となり得るだろうか?

今の段階では、枠珍によって人間のDNAに含まれる情報や記録は破壊されると言われている。それを希望と呼ぶにはほど遠いだろう。

一度、DNAが変化してしまったら、その人は永遠に一生、その変化とともに生きる。

人間が人間でなくなる技術を普及させたい人がいる。彼らはテレビ、新聞、PC、スマホを通じて私たちに人間であることをやめさせ、新たな道を推奨する。

人が機械と融合して生きられるよう、準備を進めている。その実験の犠牲者になる覚悟はある?抗うのか、受け入れるのか…

それは自由。

私はあえて受け入れよう。なぜなら、国は小さく、民は少ないほうが、くだらぬ争いや制限は減ると思うから。

人類は試されている。この世に同時は存在しない。枠珍を打つか、打たないかを決めるのは個々の自由。だが、

人間に与えられた「選択の自由」が奪われるのだけは阻止したい。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

与えるということ。

自分のためは人のため

この手が、誰かの癒しになる。この手が生きる糧となる。 今日は10年ぶりに整体師の元へ行き、お客さん相手にマッサージをした。 手についた感覚(技術)は身体が忘れていなかった。自分に感動した。 人のために …

新たなる冒険

とまらない秒針… 高鳴る鼓動… 待ち受ける、新たなる冒険。 いしくれpresents ポジティブ編。 新たなる闘い 【いしくれなる世界】 ポジティブ解放 近日公開。 (もうネガティヴまつりは終わりにし …

負けるが価値。逃げるが価値。

貧困と富裕、搾取する側とされる側。二極化が益々進んでいます。消費税は減税されず、それどころか増税して行く日本の未来。 借金をつくり、税金を上げ、社会で成果を出せない者はジワジワと削られて行き「就職氷河 …

10000歩、越え。

7km歩いて約2時間の運動。 ちょっと疲れたけど、眠れないんだ。