Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

アパシー・シンドローム症候群というやまい。

投稿日:

現代病のひとつと言われる「無気力症候群」アパシー・シンドローム。

いま、私たちの周りには魅力的なコンテンツがたくさんある。

それらサービスを安く、簡単に、見たり聞いたりする事ができる。

便利で刺激的な環境が整ってしまうと、人は動かなくなるもの…

無気力という病は、人類最大の敵といっても過言ではないだろう。

だが、自分自身で無気力と感じられるのはある意味チャンスなのかも知れない。

何かしなくちゃいけない。このままじゃ嫌だ。そう思えるから抜け出そうとする事ができる。

問題なのは、無気力な奴は駄目な人間だ!と、他者から努力を強いられること。

無気力であることは悪ではない。問題は無気力が続いていまう環境から移動できない事だ。

主流メディアにより発信される邪悪な情報は思考を停止させ、抑圧された環境は生み出す。

よほどの事がない限り、無気力からは簡単に逃れる事はできないだろう。

ならば、無気力を受け入れ、無気力のなかに光を見いだすイメージを持つこと。

少しでも身体を動かすこと。どんな状況にある人でも「生きがい」は持てる!

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

CoCo壱のカレーを食べてスプーンを当てよう。

この時期にCoCo壱番屋カレーに行くとスプーンが当たるイベントがやっている。 「グランドマザーカレー」を注文するとスプーンが当たるという。 昨日、久しぶりにCoCo壱のグラマを食べてみた&#x1f35 …

病気は学びの良い機会

先日、本屋さんを回っていたら精神科医が書いた書籍を2冊見つけ購入しました。 題名は「インプット大全」と「アウトプット大全」著者は精神科医の樺沢紫苑さん。 この方はYouTubeで毎日、情報発信していて …

人には踏み入れてはいけない領域がある。「わきまえる」という事を念頭におこう。

人には踏み入られたくない領域というものがある。過去の過ちだったり、トラウマだったり、そういったストレスは避けられないものだろう。だからこそ、物事の違いを見分けるチカラが必要とされている。マスクやソーシ …

一寸先は…ひかり

今日は空が抜けるように綺麗だった。龍雲みたいな雲が滑らかに流れていた。 そんなアオゾラとはウラハラに心は孤独と虚しさと苦しさでいっぱいだ。 朝の光を感じる気力がない。闇は脳を覚醒させ、僕を惑わせる。 …

no image

台風一過

台風10号が過ぎ去った朝、蒸し暑さと実家から解放された安堵感、将来に対する不安感が同時に押し寄せた一日だった。