Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

一人一人が役者。

投稿日:

人生は一幕の喜劇に過ぎない。そこでは様々な役者が衣裳と仮面で扮装し、代わる代わる登場しては、退場を命じられるまで己の役を演じるのだ。エラスムス(神学者)

ぼくらは誰かの脇役ではなく、一人一人が主役としてこの地球という舞台で活かされている。人生をまっとうする者。離脱する者。皆、色んな役をこの世界で演じているのだ。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

体調不良な一日

今日は言葉では言い表せないくるしさにおそわれていた。とにかくゆっくり深呼吸。

朝活2日連続

今日も朝活。リフティングとウォーキングで汗を流した。そのあとお昼くらいにめまいに襲われたり吐き気があった… だけど、できる限りマイペースで朝の散歩はつづけて見ようと思う。体調だけは整えて行きたい。行動 …

夏がはじまった。

暑い、暑い、蒸し暑い夏が、いよいよはじまった。今日は一日中、吐き気とともに過ごした。体調管理に氣をつけながらいろんなものを手放して行こうと思う。

社会vs個という闘い

日本では20歳になると成人として心身が十分に成長した大人として扱われます。 成人年齢になると単独で法律行為が行えるようになり、個人としての責任がつきます。 日本の文化には「成人式」という儀式が古くから …

女王の教室。

2005年に放送されたドラマ「女王の教室」のセリフがとても胸に響きます。 脚本 遊川和彦 主演 天海祐希 主役 阿久津真矢の台詞 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━いい加減目覚めなさい。人生に …