Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

一人一人が役者。

投稿日:

人生は一幕の喜劇に過ぎない。そこでは様々な役者が衣裳と仮面で扮装し、代わる代わる登場しては、退場を命じられるまで己の役を演じるのだ。エラスムス(神学者)

ぼくらは誰かの脇役ではなく、一人一人が主役としてこの地球という舞台で活かされている。人生をまっとうする者。離脱する者。皆、色んな役をこの世界で演じているのだ。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

失敗して学ぶ

たくさん失敗してたくさん学ぶ。すべての失敗は学ぶための絶好の機会である。年齢なんて関係ない。やりたいことをみつけよう!

雨と鬱

雨は好き、特に音が良い。でも、心がずっと晴れなくて苦しい6月。疎外、喪失、無価値、罪悪、負の感情に支配されている。この感情を言語化しようとすると混乱してしまう。心を悩ませているのは、「孤独」と「偏見」 …

no image

本当に必要なもの

自分にとって本当に必要なものってわからないもの、他人からしたらどおでも良いものが自分にとっては宝物だったりする。捨てればスペースができ新しい意識が入ってくる、とはわかっていても、なかなか捨てられない。 …

素敵なスペース誕生

数十年ため続けたモノたちを少しずつ、少しずつ、棚から出す作業をしています。 青年期、私の心はグチャグチャ…抑圧された環境で苦しんいました。 蓄積された量はこの場所にとどまらず…なかなか泥(モノ)が出せ …

自粛で味わう新世界

わるい風邪の影響で、自粛を余儀なくされている。母との約束もキャンセルした。 こんなときでも、インターネットを見れば沢山の娯楽や情報に触れる事ができる。 その情報を、「行動」に移してしまうと行動すること …