Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

喜びと幸せ

投稿日:

喜びとは一時の感情であり、幸せとは不平不満が無く満たされている状態のこと。喜びは苦しみと表裏一体だろう。苦しみがあるから喜びを感じられることができるのだ。この苦しみの感情を不愉快と言い換えてもよいだろう。不愉快があるから喜びもある。

でもそれは昭和世代の考えかたかたなのかもしれない。苦しみを自ら選択する必要なんてない。人間は生まれながらにすでに幸せMAXな状態なわけだ。しかし、あらゆる規制や概念に縛られ、環境によって幸せを感じられなくなる。

だからもう、誰かを否定するのはやめて受け入れてあげよう。ダメな自分自身も。企業やメディアが悪いわけではない。この社会構造に時代が変化を求められているだけ。自己否定ではなく、自己肯定していこう。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

テレビっ子

昭和生まれの僕はテレビっ子でした。少年の頃からいろんな番組を観てきました。 テレビは好きでしたが、最近はまったく観なくなってしまいました。 今はサブスクリプションという定額制のメディアがあり、自分が観 …

憎しみ愛の世界。

最近、友人から親子関係に対する悩みや金銭的な悩みについて電話がかかってきます。相談されるわけでもなく、不満から愚痴を中心に話してきます。電話時間は平均3時間〜5時間、最高で8時間という長電話です。 主 …

3Qカットのスゴさ。

今日、生まれてはじめてサンキューカットで髪をカットしてもらった。そもそもサンキューカットとは何か?調べてみると、サン「キュー」カットの「Qに」意味が隠されているようだ。 サンキューカットの3つの「Q」 …

素晴らしい出会い

今日、ゴミ拾い実業家として活動されてるクリエイターにInstagramのDMでお声かけいただき、貴重な話しを聞かせてもらいました。 ウイルスによる緊急事態宣言が出されるなか、密接、密集、密閉、を避け、 …

掃除をすると運気があがる?

実家のクローゼットにため込んだ物の数々、大量のエロ本と如何わしき道具たち。 約30年間、抑圧されてきた心の現れとして、捨てられずにいた泥だし作業。 クローゼットの中をぼちぼち、片付けて行こうと思うよう …