Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

喜びと幸せ

投稿日:

喜びとは一時の感情であり、幸せとは不平不満が無く満たされている状態のこと。喜びは苦しみと表裏一体だろう。苦しみがあるから喜びを感じられることができるのだ。この苦しみの感情を不愉快と言い換えてもよいだろう。不愉快があるから喜びもある。

でもそれは昭和世代の考えかたかたなのかもしれない。苦しみを自ら選択する必要なんてない。人間は生まれながらにすでに幸せMAXな状態なわけだ。しかし、あらゆる規制や概念に縛られ、環境によって幸せを感じられなくなる。

だからもう、誰かを否定するのはやめて受け入れてあげよう。ダメな自分自身も。企業やメディアが悪いわけではない。この社会構造に時代が変化を求められているだけ。自己否定ではなく、自己肯定していこう。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

暑い!暑い!夏い!

犬もくたびれています^_^

社会の流れ

世間は三連休前。敬老の日、春分の日という国民の休日が控えている。 〜の日。というのは、僕にとってはあまり意味のないイベントである。 おそらく大型ショッピングセンターは多くの人で賑わうだろう。 何も起こ …

価値観を持つということ

多くの人が他人の価値観で生かされている。自分はこの世界で何を大切にしたいのか?この問いに答えられ実行できる人は幸せである。 私は、健康な体を持つこと。今この瞬間やりたいことができる環境に居ること。快適 …

CoCo壱のカレーを食べてスプーンを当てよう。

この時期にCoCo壱番屋カレーに行くとスプーンが当たるイベントがやっている。 「グランドマザーカレー」を注文するとスプーンが当たるという。 昨日、久しぶりにCoCo壱のグラマを食べてみた&#x1f35 …

嫉妬という感情

嫉妬…それは現代が抱える問題であり、正常な感情だ。自分に無いものをもっているあの人がうらやましかったり、他人が自分より恵まれた環境にいることを妬んだり、優れた才能を持っている人に対して腹を立てたり、自 …