Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚きと癒しの世界

未分類

宇宙連合からの教え

投稿日:2020年4月12日 更新日:

地球は二元性、分離の世界にあるといわれます。

分離意識を越えた先にあるものが

統合意識というものです。

分離意識とは

他人のせい、自分のせい...という考え方のことを言います。

統合意識とは、

自分も他人も区別ない...ただそこに有るものを見る、という考え方。

起こった出来事には何の色もなく、ただそれが起こっていると自分のフィルターで解釈しています。

両方を同時に見てジャッジしない状態、冷静で、客観的状況にいて、ありのままに出来事を感じることができる意識が、統合意識なのです。

今、人々が病原菌によって極限の状況下のなかで、その人の本音や本性がでています。

そんな時こそ人の意見に惑わされない自分軸が必要で、新しき世界を建設するための訓練として必要なものの習得時期。

色んな人が色んな意見を出すのは良いことであるが、そこに巻き込まれたまま終わってしまうと次の世界観には入れないのだと言います。

ただ白いものを見るだけでなく、ただ黒いものを見るだけでなく、その両方を同時に見る状況であること。

両方の出来事や現象を見たときの選択権は自分にあり、どっちを選ぶかは自分で決めるのです。

他者の意見をジャッジすることさえも自分で選択する。

悪い人がいて嫌だと思ってもその人を糾弾するという行為を自分で選択していることに気づくこと。

統合意識とは、ただ気づいている状況。

私はこういうのが好きで、こういうのが嫌いなんだな、

以上。

あれこれ考えないこと。

未来のシナリオは、パラレルワールドのようにすべてが同時に存在している。

どっちに行こう?じゃなくて、主観的に自分はどっちに行きたいのか?を捉えること。

これからはコミュニケーションが新しくなり、物事を客観的に捉えることができる。

僕は目覚めの方向へ向かうことを信じる。

以上。なのである。

色んな出来事を通して、私たちは学んで、必要なことを身につけて、必要な意識状態になって、ここに生きる。

いいことがあってもわるいことがあっても、

最終的にうまくいく。

どっちが起こったとしても最終的には私たちの深いところの意識であり、大きな意識が動いている。

大いなる意識が垣間見れる時代。

時には大きな視点を持つことです。

答えは全て皆んなの内側にあって、皆んな一人一人がそれを見出すだけ、発見するだけ。

魂はすべてを知っている。

地球はもっと高い意識に上がろうと決断しました。

私たちも決断しよう。

美しき時代に向かって、

自己信頼の絆。を強めていきましょう。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

プリンとジンジャーエール

今日は両親を胃腸科へ送迎するため朝から昼まで車を走らせた。 胃カメラの検査を終えた両親とともに和食麺処サガミへ行ってきた。 温かくて美味しい味噌煮込みうどん。 ミニしらす丼。 とてもおいしかった( ´ …

マルクス・アウレリウスいわく

「今日まで君は、どんな態度で過ごしてきただろうか、神々に対しても、両親、兄弟、配偶者、そして教師や友人に対しても、誰に対しても、君はひどい扱いをしたり、ひどいことを言わなかっただろうか、そして、君がこ …

晩秋の風

やっと、やっと、風が冷たく感じられるようになってきました。 空の蒼さ、雲の輪郭。孤独という苦しさを紛わすため少しボールを蹴りました。 秋の終わりを撮りに行こうかな。

不思議と…

何かに助けられているような感覚を抱くことがたまにあるのだが…気のせいだろう… ひとつのところにすべてを賭けて ひとつひとつ丁寧に、真剣に、重ねて行けばいい。他人の理解はいらない。 魂を成長させて行けば …

ゴミとひまわり畑

早朝からとある緑地のゴミ拾い。吐き気と戦いながらいろいろやり切った一日。 体調は万全ではないものの、なかなか良いプレイができたのではないかと思う。 ゴミを飛ばしまくる俺氏、一人オリンピックを終えひまわ …