Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚きと癒しの世界

未分類

悲しみにこころをまかせちゃだめだよ。

投稿日:

これはサンボマスターの「できっこないを やらなくちゃ」の歌詞だ。

悲しいは「非+心」で、心・胸が裂けるような切ない感じを表すのだそうだ。

楽しいだけで感じられる喜びは長くは続かず、その程度の感情しか生まない。

悲しみは魂を成長させるために必要なスパイスになる。

悲しみで人生に疑問が起こり、怒りで火がつきスタートし、喜びがさらなる加速を生む。

悲しみと怒りと喜びの連続が人生を前進させる原動力となる。

今の僕は同世代の人たちと比べ、平凡とは違う非凡な生活に罰を与えられているようだ。

ずっと罪悪感に苦しめられている感じで、夜も眠れやしない。

明日は敬老の日なので実家に留まろうとしたが、今日、帰れば良かった。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

競争の本質

昭和という時代は、決して平等で公平な社会ではなかった。 表向きは平和に見えたが、歴々と存在した格差社会のなかで逃げ場などなかった。 戦わなければ下流へと埋没して行くだけの低次元な世界であった。 僕らは …

ありがとうのちから

色々ある、色々あるけれども… 最終的に、感謝なんだな。

自分自身の信念を信仰せよ

私は昔から信仰という言葉がすごく嫌いでした。なぜなら宗教=洗脳と思うからです。 そもそも信仰とは、何か? 信仰とは→「神や仏などを信じること。また、ある宗教を信じて、その教えをよりどころとすること。 …

人生は謎解きゲーム。世界の支配者とは…?敵なのか、味方なのか…?

昔から興味をそそる陰謀やオカルトの話題。それは僕にロマンを感じさせてくれる。 世界の秘密や仕組みを知り、それを探求したいという欲求は消えない。 最近は世界を支配する裏の裏の組織の情報までリークされてい …

令和がはじまり今年が終わる

今年は平成から令和に変わった勢いでこのブログを立ち上げることができた。 頭痛と吐き気に耐えながら、なんとか毎日投稿を続けられてよかった。 ほとんど自分事なネガティヴばかりで有益な情報を届けることができ …