Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

憎しみ愛の世界。

投稿日:2020年7月21日 更新日:

最近、友人から親子関係に対する悩みや金銭的な悩みについて電話がかかってきます。相談されるわけでもなく、不満から愚痴を中心に話してきます。電話時間は平均3時間〜5時間、最高で8時間という長電話です。

主に実家の親に対する不満や憎しみを私と共有しています。友人にも実家に団塊世代で仲の悪い両親がおり、父親のモラハラに悩まされてきたので悩みが私とほぼ同じ、故に電話を切るタイミングが掴めず長く語ってしまいます。

とはいえ、聞く側にまわるほうが多いので、無料カウンセリングと言った感じになります。その友人は今の私にとってはゆういつの理解者で今まで何度か救われたり、助けになってくれたりもしました。

なので、苦しい時はできる話しに限り付き合ってあげたいという思いがあります。しかし、客観的に見てもあまり良い関係とは思えません。家族関係からくる憎しみ合いの感情は手強いですし、話しが理解できてしまうので聞かされる私のほうも気持ちが重くなってしまいます。

どこの家族もだいたいお金で揉めています。私の実家の両親も金銭面で親戚と揉めていたので、お金に対する苛立ちや憎悪は本当に見苦しいというのが分かるのです。今まで親の面倒を見ずに何もして来なかった親戚が遺産目当てで相談してくるシーンを見ました。

介護疲れで自分の親を殺害してしまう事件が昔からありますね、これからもそういった事件は起きるのでしょう。今に始まったことではないのですが、世代人種関係なく、人間の関係は仲良くできないのでしょうか?

この世は憎しみという設定があらかじめされていて、僕たちはお金という欲望から逃げられないゲームをしにこの世に来ているのでしょうか?違います。と言いたいのですが、そうかも知れません。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日本の良さと悪さ

日本では、自己犠牲が美徳とされ、家族のため、世のため、人のために尽くし、弱音を吐かずに身を粉にして頑張ることが素晴らしいとする考え方が古くからあります。 これは高度経済成長期に下級国民と上級国民に分け …

幸せとは何かを為す事ではなく静けさのなかで満たされること

あれが足りない。これも足りない。あれが欲しい。このままではダメだ。 なんとかしないと…数年前の僕はそんな考えに取り憑かれていました。 幸せって何だろう? 仲間とともに何かを経験して達成感を味わうこと、 …

新たなる冒険

とまらない秒針… 高鳴る鼓動… 待ち受ける、新たなる冒険。 いしくれpresents ポジティブ編。 新たなる闘い 【いしくれなる世界】 ポジティブ解放 近日公開。 (もうネガティヴまつりは終わりにし …

風の強い日

最近はスロースターター。 起きあがるのに時間がいる。 それでいいやと思っている。 でも、やるときはやる! 時の流れが早く感じる。 今日は風の音が聞こえる… 春風かな!? 3月だからな。 情報をとってな …

5年先のテクノロジー

今や全世界の老若男女が使っているスマホの歴史をたどってゆくと未来が見えてきます。 1G(第1世代)速度:アナログ電波 携帯電話の前にあったポケベルは小型受信機として文字や数字でやりとりができ、当時は画 …