Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

経済活動は元の状態に戻り、また社会活動が始まりました。

投稿日:

今日から6月、企業や学校、各自治体で自粛が解かれ、人間活動が再開しています。

僕は心療内科の通院とカウンセリングを終えていつもの活動をしたあと

帰路につこうとしたのですが、コンビニや道路は会社員や学生で溢れかえっていました。

夕方は会社や工場で働いて帰宅する人たちの群れで、大渋滞にハマってしまいました。

3月から始まったウイルス騒動はいったん終息したかのように見えました。

しかし、私の周りでは9月頃にまた2次感染が起きるのではないかと心配の声も上がっています。そして新たな情報も入ってきています。

このウイルスを予言していた14才のインド人の占星術師がいたそうで、

202012/2020213/31までの期間にスーパーバグという細菌が現れて世界を騒がせると予言しています。

スーパーバグとは、超多剤耐性菌と言われ、あらゆる抗生物質に耐性を持つ菌です。

このスーパーバグに対応する薬剤はなく、治療はできないとの事、空気感染するおそれもあると言うのですが、未来に何が起こるかなんて誰にもわかりません

それと並行して、スーパーシティー法案が成立され、AIなどで都市開発が行われて行くのだと言われています。

管理社会から監視社会が来ると噂され、それが人間としての自由を奪うのではないかと懸念されています。

TOYOTAの都市計画であるWOVEN CITYの詳しい情報も開示されています。

そして WOVEN CITYのロゴがあの、プロビデンスの目に似ていると言われています。

それはさておき、自動運転や自動決済、国民はIDにより管理、監視されるのだとか?

それが良いか悪いかは別として、世界はそのように動いて行くのだと思います。

自分の意思の持ちかた次第で、良い方向へ向かって行くのではないかと思っています。

どんな事が起ころうと、僕たち集合体の向かうところは、平和な世界🕊

これが全人類共通の想いになればフラットな世界が実現されるでしょう。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

永遠につづく大地の先。

平らな風景をまえにすると 永遠に光しか見えない 存在には理由がある 人生は苦の連続だから この世界は 執着を捨てるための 遊び場だと決めてしまおう

秋桜もそろそろ終わり…

やっと少し肌寒くなってきました。秋の匂いを少しだけ感じられた一日。 長い長い夏が、やっと終わりを迎えそうです。

親と金と紅葉

「親と金」このキーワードに感情が入るとなかなか厄介な問題に発展することが多い。と いうのも、世帯主でない私の口座から知らぬ間に「国保税」が引かれていたからだ。 市役所で聞いたところ理由が判明。親の呪縛 …

女王の教室。

2005年に放送されたドラマ「女王の教室」のセリフがとても胸に響きます。 脚本 遊川和彦 主演 天海祐希 主役 阿久津真矢の台詞 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━いい加減目覚めなさい。人生に …

不都合な真実

私たちは親の世代から、仕事をしなければ食べていけない、生きてはいけない。という恐怖心を植えつけられてきました。 実は、現代の日本では、プライドを捨てれば仕事をしていなくても生きていけます。 多くの人は …