Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

自分…とは

投稿日:

自分という存在とは何か?全体の中のひとつか?ひとつの個としての存在するのか?

僕から自分はという自我、自分対他人の境界が消えたとき、本質に気づけるだろう。

今は古くからの情報を親から押しつけられる。「そうじゃない、あなたはそうなんだからだめなのだ」遠回しに言われてしまう。

仲の悪い老夫婦と同じ環境にいると、どおしてもテレビからの情報は避けられない。

距離を置かなければ、でもなぜ、ずっと親のモラハラに近づいてしまうのだろう。

自分が嫌いになる。自分とはいったいなんだろう?なんて、考えるだけ無駄かも知れない。

あるがままの存在としてエネルギーを使って行けば良いのだ。

中心でいられるよう軸を持って、そして希望を持って、生きるしかない。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アレルギー性鼻炎の季節。

今日は辛いアレルギー性鼻炎(花粉症)を治療するため隠れ家の近くの耳鼻咽喉科へ行った。 先生が鼻の中をクリクリやったあと、たまらずくしゃみがでてしまった。 目がかゆくて鼻水もでて息ぐるしい、眠れない地獄 …

いぬさんぽ

人を避け、近所へきぬさんぽ。 桜が綺麗なお寺。 桜と柴犬。 ダブルタッチからの スタンディングダブルタッチ。 明日、4月5日(日)日本時間11時45分 世界を光で満たすための瞑想やります。 世界はもっ …

秋想

遠い秋の記憶。 はやく秋が来ないかな。

この世が仮想現実だとしたら?

もし、生まれた時から映像として見せられている宇宙が作りものだとしたら? 宇宙に星はなくて、宇宙へ行ったという事がでっちあげだったとしたら? 神というのは偶像崇拝であって、一部の優れた人たちが生きるため …

テレビと新聞はプロパガンダマシーンなのだろうか?

実家に4日間滞在していました、犬の体調が悪かったりリビングのテレビが壊れたりと気のもめる事も多くありました。 先に言っておくと私はテレビの放送が嫌いなわけではなく、好きでした。家族を繋げてくれたハッピ …