Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

自分を励ます

投稿日:

「わたしがいるから、わたしのせいで、わたしがわるいんだ…」そうした自責の念に襲われる時がある。そんな時は、自分で自分を励ます。

自分は良くやった。嫌な事と向き合って、抑圧の中で、そうするしかなかった。とどまる事で自分を守ってきた。

人は環境によって左右される。他者と比べる必要はない。だから自分を大切にしよう。罪悪感で生きてゆくのが辛くなったら、まず、自分が自分であることを確認する。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

良い兆候

今日は久しぶりの眠気を感じた、睡眠障害になって10年、自動的に眠気が来ることは年に数回しかない、出来るだけ睡眠薬は飲まず、体の自然な反応に任せ、自然な眠りを楽しみたい、いつかぐっすり眠れる時がきたら、 …

今ここを生きること、今ここに全力を尽くす。

どんなに辛いことがあっても、すでに光の勢力はスタンバイしている。 辛いことのなかにも必ず、良い方向へ導くものがあるのだから。 無になれ。やれること、やりたいことに集中するんだ。 おれはイマココを精一杯 …

喜びと幸せ

喜びとは一時の感情であり、幸せとは不平不満が無く満たされている状態のこと。喜びは苦しみと表裏一体だろう。苦しみがあるから喜びを感じられることができるのだ。この苦しみの感情を不愉快と言い換えてもよいだろ …

日本の良さと悪さ

日本では、自己犠牲が美徳とされ、家族のため、世のため、人のために尽くし、弱音を吐かずに身を粉にして頑張ることが素晴らしいとする考え方が古くからあります。 これは高度経済成長期に下級国民と上級国民に分け …

感謝の言葉の大切さ

お昼どき、お弁当を買ってきても「ありがとう」が言えない父親…それどころか、テレビを見て、偉そうな態度や言動をとる。 優越コンプレックスのある人は、俺が仕事をして家を守り、家族を養ってきたんだから…して …