Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

限りある資源

投稿日:

先日、デマによってトイレットペーパーが薬局やスーパーから消える現象がありました。

あるはずのモノがいきなり消えると、人間の心理として防衛本能が働くので買い占めが起きるのも無理はありません。

僕の街の店舗からもトイレットペーパーが棚から本当に消えていたので、大変ショックを受けました。

先ほど、無事にトイレットペーパーが買えて、十分なストックがある状態なので、生活面では安心なのですが、

もし、今後、トイレからトイレットペーパーが消えたらと思うと少し不安になります。

今回の問題を受けて、昔の人はトイレのあと、どおやってお尻をふいていたのか?という疑問が湧いてきました。

身の回りを拭くものといえばティッシュペーパーなどの紙で、

私たちの生活において身近で手放せない存在です。

水回りでいえばトイレットペーパーは現代の必需品であり、特に家庭でも一番使われるものです。

トイレットペーパーの起源や家庭紙史など、お尻を拭く紙の道具や歴史について調べてみると、

紙という資源にも歴史があることがわかります。

古代では籌木(ちゅうぎ、ちゅうぼく)という木製の板を糞箆(くそべら、くそへら)にして道具としていました。

古代ローマでは天然のスポンジ

9世紀アラビアでは小石

中世ブリテン(イギリス)では葉っぱ

19世紀アメリカでは穴あきカタログ

調べてみると実におもしろい歴史があります。今後、お金がばら撒かれる紙クズとなって価値を失ったとき、

札でおしりをふく?なんて時代がくるかも知れません。とにかく、現代に生まれてよかった。

トイレットペーパーが当たり前にあるということは、とても幸せなことだということです。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

犬遊び

すなっぷちゃっとで犬を撮ってみた。 なかなか面白い写真が撮れたw 技術の進歩に驚くばかり…

ゴミ拾いの常識を覆すスポーツ。

私のInstagramのフォロワーさんがゴミ拾い起業家としてナニコレ珍百景にでるそうです。 plan8kuwabaraとしてスポーツとゴミ拾いを融合させた新しいスタイルで活動しています。 ピックアップ …

回復期

地獄のインフルエンザー3日目。回復傾向にあり、3日ぶりの食事はあまりおいしいとは言えないものであった。明日明後日と安静にする必要がある。。。悲

死生観について

最近、人の生死について深く考えさせられる事があります。古くから人が亡くなると近隣住民総出で故人を弔ってきました。 寺院に支援をおこなうため定期的にお坊さんにお金を払って死んだ人に戒名をつけてもらう檀家 …

オーストラリア火災が恵みの雨によって鎮火。希望の光が世界に降り注ぐ。

雨の柴散歩に癒された1日。雨は雨なりに楽しいものです。 前年の9月から続いていたオーストラリア火災も大雨によって奇跡的に鎮火しました。 まさに皆んなの祈りが降らせた自然の奇跡♡これは偶然なのでしょうか …