Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

限りある資源

投稿日:

先日、デマによってトイレットペーパーが薬局やスーパーから消える現象がありました。

あるはずのモノがいきなり消えると、人間の心理として防衛本能が働くので買い占めが起きるのも無理はありません。

僕の街の店舗からもトイレットペーパーが棚から本当に消えていたので、大変ショックを受けました。

先ほど、無事にトイレットペーパーが買えて、十分なストックがある状態なので、生活面では安心なのですが、

もし、今後、トイレからトイレットペーパーが消えたらと思うと少し不安になります。

今回の問題を受けて、昔の人はトイレのあと、どおやってお尻をふいていたのか?という疑問が湧いてきました。

身の回りを拭くものといえばティッシュペーパーなどの紙で、

私たちの生活において身近で手放せない存在です。

水回りでいえばトイレットペーパーは現代の必需品であり、特に家庭でも一番使われるものです。

トイレットペーパーの起源や家庭紙史など、お尻を拭く紙の道具や歴史について調べてみると、

紙という資源にも歴史があることがわかります。

古代では籌木(ちゅうぎ、ちゅうぼく)という木製の板を糞箆(くそべら、くそへら)にして道具としていました。

古代ローマでは天然のスポンジ

9世紀アラビアでは小石

中世ブリテン(イギリス)では葉っぱ

19世紀アメリカでは穴あきカタログ

調べてみると実におもしろい歴史があります。今後、お金がばら撒かれる紙クズとなって価値を失ったとき、

札でおしりをふく?なんて時代がくるかも知れません。とにかく、現代に生まれてよかった。

トイレットペーパーが当たり前にあるということは、とても幸せなことだということです。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大変革は起きるのか

もうすぐ大統領選。これから大きな情報が開示されていくみたい。 日本列島公園を散歩してきた もっと多くの会社が倒産し、解雇、早期退職、出向に追い込まれる人もでてくるだろう。 今度ここでピックアップスケー …

愛の存在

昨晩は頻尿の症状が強くあり、トイレに10回以上行ってしまった。 体調が安定しないなかでも犬のあずきが僕にとって救いになった。 家族にとっても救いの犬。 まさに愛の存在。人でも動物でも愛が必要。愛はまち …

企業年金とは?選択肢がときに負担になることも。

会社に退職の意を伝えてから2週間後、実家に届いた退職の書類に頭を悩ませています。 企業年金の受け取り方は会社によって違いはありますが大きく分けて3種類。 ・一時金 ・年金 ・一時金と年金の組み合わせ …

8月の終わり。

明日から世界が変わる。

no image

絶景の滝!長篠堰堤の滝へ

東三河地方にある長篠堰堤 (ながしのえんてい)には新城市のナイアガラと呼ばれる場所がありました。 ダムから流れる滝は壮大なスケールで全身でマイナスイオンを浴びることができます。 ほとばしる水がきっとあ …