Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

立場主義による抑圧と戦え

投稿日:

立場主義に囚われた社会システムから抜け出すための女性装…という記事を見つけた。

東大教授、安富歩さんへのインタビューでとても興味深い事が書かれていた。

「立場主義」に囚われた社会システムから抜け出すための「女性装」――東大教授・安冨歩氏インタビュー

この世界を生きるために社会的立場や役割を演じなければならない瞬間がある。

社会的立場が高いほど優遇される社会システムが未だに存在している。

立場主義に縛られすぎると、自分という存在を見失ない抑圧の波にのまれる。

気づけばしがらみだらけでなかなか身動きがとれなくなってしまう。

自分の内側にある逃げ道も消えてしまい、決意も喪失してしまう。

本当はこうしたいのに…こうありたいのに…そんな本音を隠す事が美学とされた。

安富さんは、立場主義から逃げるのではなく、それをどお利用して立ち回って行くのか?巧みな戦略を持つ事が大事だと言われている。

まさにその通りだと僕は思う。この世界は信用・信頼で成り立っている。大切な人には誠意を忘れてはならない。

しかし、貨幣社会はあまりにも残酷だ。まともに行ったら精神を病んでしまう。

それは僕も身をもって体感した。今は精神のバランスを意識するとき。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

暑さに負けた一日

異様な暑さと、関東地方で多発する事件事故の報道に違和感を感じた一日。 なにかが変わろうとしている。そのなにかはわからないが、 これらの出来事は、なにか良いことが起こる前ぶれのように思う。

お金の目的を考える。

1913年に創造紙幣、通貨発行権が生まれて、お金をつくることが仕事の人が、とんでもない大金持ち。 お金の目的って何かな?人類には、お金を持つ人、持たない人がいて、それによってドラマが生まれてきた。 お …

ワクチケがきたw

ついに、ワクチョンのチケットが来た。なんと!無料らしい…(笑) 資本主義の社会において、無料ほどこわいものはない!と、断言したい。 人類はコ○ナとつきあってまだ一年半で、ワクチョンって不自然すぎる。 …

名作をこの世に遺して。

先日、長野県の奈良井宿へ家族で行った時に父親が購入した切り絵が実家の玄関に飾ってあります。 夕陽に照らされ、どこか味わい深くも懐かしさを感じられるこの作品、 実は切り絵のコピーです。 奈良井宿の藤屋と …

新しい時代の始まり、変革の時は近い。

新しい時代が来るという時に、夏までに567が収束すれば 株価がV字回復して、また経済活動が戻ってくることを期待する事で良いのだろうか? 命を削ってお金を稼ぎ、命を削って媚を売り、命を削って眠らないで仕 …